はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ドン・ツルマゲもちょっと考えた

◆めるさん
 >勝手にお墓は名物だったんですね(笑)
もともと恐らくは子供向けにキャラクターの退場をわかりやすく伝えようという意図だったのかとは思うのですが、親族の有無お構いなしに、人里離れた山の中とか崖の上とか適当にお墓を作ってしまう、というのは伝統的によくやります(笑)
 >これはツルギには相当なトラウマ案件だと思うんですけど、それに耐えられる彼の強さを描いてる...のでしょうか。
一緒に現代戻ってしまいましたが、ツルギの扱いはちょっと気になりますよね……(^^; オライオンの墓を守る為にツルギが過去に残る、とかでも良かったような気もします。
 >物語の最初から状況が絶望的すぎるから、まともな思考回路の持ち主は革命なんて考えない(ので脳筋とかアウトローとかばっかり)
この辺りは私も今作の面白みだと思うのですが、そこに説得力を持たせる為の絶望、の描写がどうも足りない気がするんですよね。ところどころ、状況に飼い慣らされた人々と牙剥くレジスタンスの対比はありますが、そこがもう少し物語の軸に来てくれると、ラッキーを中心に奇跡に繋がっていく事にも説得力が増しそうなのですが。
 >管理人さんの(積み重ね不足)という言葉で、なるほど、違和感の理由はそれなのね...と思った次第です。
個人的に、物語を見る上でそこを重視する、というのはあるのですが、どうしても手が回り切らない分、あちこちの描写が綻びになって、綺麗に繋がってこないという気がしています。
 >白レッドが全員の武器を使うのは、全員揃ってるときに見せてほしかったかも...と思いました(^^; それ自体はすごく格好良いな〜と思ってたんですが。
アクション格好良かった分、どうしても、話の流れのピークとのズレが気になってしまう登場でしたね(^^;
 >アルマゲ司令説、私は全く思い付かなかったんですが、こちらや他でもいくつかで書かれてて、びっくりしました!
 >シリーズ良くご存じの方には自然と思い付く展開なのでしょうか(^^;
戦隊の長官ポジションは、しばしば怪しげな言行をするので、まあネタ的な感じでしょうか(^^;
◆つるさん
 >先生はベリアルの狂信者に格下げか…と思いきや、凝った演出と役者さんの熱演でむしろ存在感が増したのは良かったですねー
ありきたりな手下キャラになってしまわず、かなり良い悪役になってきましたね。ジャグラーとの差別化も進んだ事ですし、なんとか2クール目に生き残ってほしいですが……。
 >ジード本編だけでは情報が少なすぎたベリアルもしっかり邪悪として描かれ、かなり纏まってきた印象を受けました
シリーズネタはやはり全体的にちょっと説明が遅いなとは思うのですが、今回でリクとベリアルについて『ジード』としての位置づけが見えてきたのは、とても良かったです。
 >1クール目からいまいち役に立っていないGメンが2クール目以降も生き残るには、おっしゃる通り悪役への転身が手っ取り早い気がします(笑)
そして、Gメン基地突然の閉鎖で失職したモアが星雲荘に転がり込んでくるラブコメ展開へ(笑)
 >今回宇宙人を手に掛けなかったのもその布石でしょうし、ここでヒロインレースから脱落したら本当に戻って来れなくなりそうなので^^
ライハの色々、割り切りたいけど割り切れない、みたいなのは巧く広げると可愛くなりそうですし、頑張ってほしいですね。