はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

船よさらば

◆輝剣さん
 >なんというか、もう細々としたことはさておき、つくづく戦闘シーンでシリアスできない戦隊だなーというのが私が受けた印象です。
戦闘中にちょっとコミカルな要素を入れる、というのは戦隊だと割とありますが、今作どうも入れ方がまずいというか、とってつけたようにやるので、前後の流れを壊しますよねー……(^^;
 >ただ、それなら自己犠牲を作劇に持ち込まないでほしい気がします。
突き詰めると今作における自己犠牲ってギャグにしか見えなくなってくるのですが、ギャグと見ていいものなのかどうか悩む所です。
 >あと個人的にはルーレットの時にツルギが見せた昔のアイドル風の衣装はツボでした。
スティンガー含め、あのぐらい突き抜けると、あれはあれで、みたいな感じでしたね(笑)
◆さやまきさん
 >他のメンバーもオリオン号を船(自宅)以上には見てなかったじゃんかよ…
個人的にはそこは多少捏造気味でも許せる範囲だったのですが、結局、「ラプターの思い込み」を信じるか信じないかの話にスライドされてしまったので、玉砕後の贈る言葉が実に寒々しくなりましたね……(^^;
 >せめてラプターがマジ切れして他のメンバーが止めに入るとかツルギほどではないにしても特に思い入れない人がいるとか
 >ほんの少しでも立体的に描けないのかこの多人数(もう3人戦隊でも成立しそうな没個性)
幾ら人数増えても話が進んでも、対立は強引かつ単調、説得は基本的にラッキー、外野の反応は皆平坦、から変化ないですものねぇ……最近今作、往年のスターシステムのつもりなのでは疑惑が浮かんだのですが、それにしてはスーパースターに外連味が足りないですしね……。
 >そして特に泣けもしないオリオン号の特攻に(メンバーのリアクションがまたもう…)
サブタイトルにまで入れた割に、えらく雑でしたね……メンバーのリアクションの薄さはもう毎度すぎて麻痺してきました……。
 >宇宙を救う足がなくなったというその事実に衝撃を受ける間もなく過去から新母艦をまる見せしちゃあ
 >ますますオリオン号の立場なし(泣)
どうせ予告で見せてしまうからと割り切ったのかもしれませんが、ラストシーンの「あっそう……」感は凄かったですね……(^^; せめてオリオン号の魂ぐらい引き継いでくれれば良いのですが、どうなる事やら……。
◆あきさん
 >なんでこんな時ばかり頑なにくじの結果を守っているのかと。
今までも色々ありましたが、今回の棒立ちはワーストレベルでしたね。もういっそ、船内は映さず無かった事にすれば良かったのにレベルで。
 >皆からフルボッコ状態に「また私の感覚と違う…」とストレスがたまったのですが(笑)
究極的には今回、ツルギが否定的な発言する必要もなかったよなぁと(^^; 変に対立と説得に時間割かずに、全員がオリオン号の思い出を(捏造込みで)振り返るエピソードにしてしまった方が、まだオリオン号への餞になった気がしてなりません。
 >そんなオリオン号が意志があることを見せ、最後の力を振り絞って相討ちに持ち込む展開を描くなら
 >他の面々も死力の限りを尽くしてくれていないと嫌だなと思いました。
そういう逆算が無いのがホント残念ですよね。結局、「使い切れない人数」と「決まった展開」が喧嘩しているだけで、そこを噛み合わせる工夫が見えないという。
 >「こんな時にルーレットなんか知るか!」と留守番組が飛び出した後に
 >無人のオリオン号が静かに動き出す、じゃダメだったんですかね。
スパーダ達の謎ワープもしなくて済みましたし、諸々その方が自然でしたよね……。
◆れもんさん
 >シシレッドオリオンとホウオウソルジャーになると声の演技の方向性まで被ってしまって常時フタゴキュータマ状態なので、
シシレッドオリオンって、なんでああいう演技プランにしたんでしょうね(^^; 本当に何か混ざってしまっているのではないか、とドキドキします。
 >ラプターにとっては同族との別れの物語なんですよね。
序盤にオリオン号がうなり声みたいなものをあげる描写が確かありましたし、この2人ならではの繋がり、というのをもっと突っ込んで欲しかったですよね。誰1人、そこに言及してくれないどころか、一番言及してくれそうなスパーダがむしろガーターに放り込むという……(^^;
 >SF好きとしては、そこをもっと詳しくと思うのですが、別にラプターじゃなくても成り立つような
 >「危機的な場面で動いてくれたから」なんて手抜きの物語を出してこられて、わるい意味でびっくりしました。
明らかに鉱脈があるのに、何故かそこをよけて脇にちょっと入った所でここが目的地です、みたいに片付けられて、ホントがっくりでしたねー(^^;