はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

12人の迷える救世主達

◆つがなさん
 >むしろキュウレンジャー側が自分達の介入によってオライオンが早死にした事を重く受け止める、というのであればまだマシなシーンだったろうに。
とにかく作品全体に、そういう接続と連動が薄いですよねー。もう少し上手くやれば、根っこはハードだけど、表向き明るく乗り越えていく、というのも出来たとは思うのですが……。
 >しかし過去で確実にドン・アルマゲを倒すところ見届けたはずなのに、という前置きは皆大して気にしないのね。
“ショーグンの倒し方を探す旅に出る”とでもすれば、地球を離れてあちこちの惑星を巡る必然性とかも出せそうなのに、どういうわけか、頑なに目を逸らし続けますよねぇ……。
 >そもそもカロー二人しか出てきてないから強敵感し、それより格上のフクショーグンの扱いも煮え切らない
悪玉サイドの魅力不足と描写の雑さ、というのもやはり大きな穴になってしまいましたね。
 >というか今カローの居ないいて座、さそり座、おひつじ座は今手薄になってるから解放活動するには最適なんじゃ?
 >何時までも地球に居座ってないで早く行けよ。それかリベリオン本部に連絡入れるとか。
終盤、気がつくと本部が動いていて解放されていたとかになりそうな……(^^;
 >案の定、34話でも単にラッキーがチャンプとガルの見せ場奪ってるだけみたいになってるようですし。
人数が増えるごとに、常にラッキーが話に絡む必然性、が綺麗に薄れているんですよね今作……。根本的に、従来作的なレッド中心の構成自体を変えるという手もあったのでは、という感じで。
 >今までカメオ出演同然だったのに「ホシ・ミナトの秘密」とか言われたって全然盛り上がらないよ東映さん!
本当はもう少しあちこちに散りばめてアクセントにするつもりだったのかもしれませんが、ほぼ放置状態でしたものね……。もともと旧作レギュラーという点も含めて、悪い意味での内輪ウケ感が強いですし。
◆インザファイトさん
 >現在配信中のビーロボカブタック 第44話「祝!!新春凧あげW杯」が最期の扇澤回なので、視聴をお勧めします。
おお、もうでしたか。ありがとうございます。
 >「ボウケンジャー」は私も視聴していますが、凄い撮影費かかってそうな1話は、戦隊パイロット版でも屈指でした。
 >その後も見ていったのですが、本当にストーリーが分かりやすく、いい感じで見れています。
キャラの立て方とか、パズルの隙間を埋めていく感じの作りは手際が良いですよねー。今後も楽しみです。