はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

桃色の強風

◆タイキさん
 >個人的にはユウリ→さくら姉さん→茉子姐さんという繋がり方かなと。
戦隊強いピンクの系譜ですね(笑) 前の2人はレッドを物理的にしばき、最後の1人は精神的に追い詰める(あれ?)
 >実は「メガレンジャー」のメガシルバー作った時からメイン・サブを問わず視点は一貫してますよね。
戦隊の場合、長丁場なのでどこかで崩せないと辛い、という要因もあるのでしょうが、崩すポイントの見極めなんかがやはり上手いですよね。
 >「シンケンVSゴーオン」でも「素人/プロ」という対比を言わせてましたね。
『ゴーオン』本編でもあった要素を、小林さんが元から持っているテーマ性と繋げてきて、あれは良い対比でしたねー。
 >チーフとはある意味別種の振り切り方をしていて、実は今作一番怖いのはチーフじゃなくさくら姉さんかもしれない
チーフはわかりやすく、行きすぎた冒険キチガイですが、さくらは冒険キチガイ要素を持ちつつ、目的の為にそれを制御できるのが今作としてはかえって恐ろしいみたいな(笑)
 >同時にこれは靖子さん自身の「安易な可愛いヒロインを描かない」という強い意志を改めて感じた所でもあります。
メインはさくらでしたが、どちらかというと可愛い可愛い系ポジションの菜月に、単純にさくらべったりというわけでもない芯を入れておく、という辺りも細かく上手かったですねー。
 >今作の中心にあるものの一つとして「冒険のプロ」という設定をまず抑えよう、ということだったのかもしれませんね。
小林さんの大事にする「行動の理由」と「チームアップ」の部分はメインの會川さんがガッツリ書いたので、次のポイントして、「ボウケンジャーのスタンス」から入ったというのは、確かにありそうですね。
◆さやまきさん
 >さくら姐さんフルアームドはホント東京ディストピアな感じで 戦隊として見た時の浮き具合がハンパなかったんですが(苦笑)
なんだか凄く、ああやっぱりな……感はありました(笑)
 >トドメの一撃に自分の武器でなく最強火器を躊躇いなく使うのも(販促要素も解った上での仕込みですし)
 >さくら姐さんの冷徹な戦術眼の為せる業なのかと思いました
今まで赤しか使っていなかった必殺武器をさらっと使いこなしてみせるのも、納得のいく凄みでしたね(笑)
 >察するに靖子さんに与えられたオーダーは女性陣2人推しだったと思うのですが
 >そこを直球でなく思いっきり変化球でバッターの胸元を抉ってくるというのは
型どおりの先輩後輩みたいな関係を一度崩した上で、さくらの優秀さを見せつつ、菜月には菜月でちゃんと考えている部分がある、としてから改めてまとめ直す、というのがさすが滑らかでしたね。
◆あきさん
 >一般人とかけ離れているかをどう描くかも大事だと思うので、さくらさんのいろいろ突き抜けた描写は良かったと思います。
判断基準の違い、というのをわかりやく描いてきて、チーム内でも対比をつけた、というのは良かったですね。
 >ここまで管理人さんがチーフはじめとするボウケンメンバーの一挙一投足を楽しまれている様子が読んでいても伝わってきて、
 >こっちまでワクワクしてきます(笑)
ありがとうございます。もともと、完璧超人系リーダーは割と好きなので、そこからの転落も含めて全方位にネタ満載のチーフは取っかかりとして凄く良かったです(笑)
 >またもしかしたら、世界観や苛烈さ等、キュウレンに当初期待した肌合いにどこか通じるものを本作が見せてくれていて、
 >それが余計にもどかしく思われているかもしれないなーなどと考えてしまいました。
ああ今作の、チームとしてボウケンジャーでありつつ、正統派ヒーローからは少しひねられていて、それぞれ開けっぴろげにできない過去を背負ってもいるメンバーの“自分の人生”を生きている感じは、『キュウレンジャー』もこのぐらい見せてほしかった、とよぎる所が確かにあります。
 >作品の幅を広げる意図と今後の本編練り込みへの注力には重要なのかなと。
戦隊だと特にメインライターとサブライターをどう差配するのか、というのはプロデューサーの手腕の出る所なのかなというイメージがありますが、宇都宮さんはサブライターにどういう仕事をしてもらいたいか、明確にしている感じありますよね。
 >三条さんみたいな方は別として初メインのライターさんにそれ以上書かせるというのは酷だしクオリティに悪影響あるんだろうなと改めて思います。
私は戦隊の場合、適度に複数のサブライターを加えてくれる方が好きなのですが、なまじ三条さんがイベントイベントで回しきる手法をやりきってしまったのは、その後のシリーズに成功例の幻影として良くも悪くも影響を及ぼしているのかもですね。
◆五月サツキさん
 >これからもチーフ節を炸裂させていきます。ので、大丈夫です(笑)。
色々落とされつつも、女性陣をかばったり結局おいしい所で助けに入るのは、チーフ、愛されているなと(笑)
 >インパクトが凄いさくら姐さんの重火器武装ですが、重火器だとカースは消滅しないところがポイントですね。
ああ、あれだと火力で押し切って突破はできたけど、撃破は出来ていない、という扱いなのですね。
 >その中でもまだまともな感性を持つ真墨は、やはり近作の良心ポイントか……。
真墨は自分が割とかまってほしいので、他人を積極的にかまうみたいな所ありますよねー(笑) その辺りが、いい人に転換されているのが良いキャラだな、と。普段だとあまり愛着の生まれないポジションのキャラなのですが、真墨は妙に気に入ってしまっています。
 >さくら姐さんはメイン回では凄いぶっ飛び方というか無双劇を披露をするので、この先の感想が楽しみです。
あれ……今回も……十分凄かったような……(笑)