はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

戦えぼくらのヒゲ長官

◆スピリットヒューマンさん
 >美空は猿渡の実の妹でマスターは誘拐してきたのか?と一瞬本気で考えたのですが…なんか悔しいです。普通に騙されました。
ある意味でわかりやすく伏線を見せてくる作品なので、考えますよねー(笑) 作風を逆手に取った強烈なパンチでした(笑)
 >…今更ですが猿渡って渡から来てるんですかね。大森Pはキバではサブプロデューサーやってましたし。
意識しているのかしていないのか、微妙なところですよね……。
 >なぜ戦兎がスクラッシュドライバーを使えないのか…というよりはなぜドラゴンだけゼリーにできたのかが気になります。
ドラゴンは一貫して特殊なボトルとして扱われていますが、ネビュラガスやフルボトルとは何か? という大ネタと繋がったりするのかなぁ……と理由付けには期待しています。
 >メタなことを言えば、役者さんがスケジュール的に厳しい時に変身後の姿だけですませることができるからなのかなと
着ぐるみ幹部と同じ使い方をできる上で、声の使い分けがいやらしさに繋がる、というのはスタークおいしいですよね(笑) 個人的に金尾さんの喋りが好きなので、北都で続投は嬉しい限りです。
 >カイザギアを人間がつけたらどうなるんでしょうか。ファイズは普通の人間がキチガイじみた洗濯好きしかいないですからね(笑)。
下流星塾での実験を見る限り、変身できずにいきなり灰になって死亡……でしょうか? ファイズギア、後ろに跳ね飛ぶのが一応、安全装置のようなので……(笑)
◆特命さん
 >幾ら何でもPCに保管していたデータを奪われるのは流石に迂闊過ぎるだろとは思いました。
暗号化とかしていたけどマスターにそれを破られた……と思いたい所ですが、その辺りは何かしら描写入れても良かったかもですね。……考えてみると紗羽の盗聴器も全然気付いていなかったので、根本的に迂闊感……。
 >前回まで散々免罪がどうとか言っておいて、今回「俺が死んでも悲しむやつはいねえ!」といいだしたのは流石に唐突過ぎると思いました。
龍我に関する幾つかの要素が、混ざりすぎているかな、という面はあるので、うまく整理して道をつけて欲しいところです。
 >後彼クローズに変身してから何だか微妙に扱いが悪くなっている気がするんですよね。
生身で戦っていた頃は特色として押し出されていましたが、変身してしまうと結局ただの2号ライダー扱い、みたいになっている所はありますよね(^^;
 >それ以外でもただ戦兎について行くだけであんまり主体性と言うのが感じられないような... 一応バディ物をやりたいのならもう少し彼を行動させて欲しいです。
これまでは自由に外を出歩けないという壁がありましたが、監視下とはいえ以前よりは自由行動が出来る身分になったので、龍我が戦兎と違う動きをしていく、というのは確かに増えてほしいですね。
◆えぬさん
 >今回の18話、管理人さんの感想を読んで「バトルロワイアル2」を思い出しました。
作品は未見・未読なのですが、「藤原竜也率いる、BR法の生き残り少年メンバー」はなんか凄く、想像としてしっくり来るものが(笑)
◆ゆーりさん
 >「じゃあ言わない」が含みを持たせた言い方になる辺りノリノリでしたねえ(笑)。戦争が終わるまでしばらく首相の座にいると思われますがこれからも色々あるんでしょうか。
今、劇中で最も「馬鹿な?!」が似合う男として、今後もこの勢いの維持を期待したいです(笑) 出来れば市民を守って撃たれて脇腹からだらだら血ぃ流しながら、戦兎「幻徳ーーーぅ!」幻徳「……(サムズアップしながら川に転落)」ぐらいの芸を。
 >今まで免罪や香澄を理由にしてきたけど、他に理由が無いからという風にも見えました。何かしてないと不安になるとも言ってましたしね。
龍我、この先で何をするか、というのが描かれてないですものね。実際には戦兎と美空の事を気遣っているので、そこにどう「気付く」のか、という話になっていきそうな感じですが。