はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ギャングの流儀

◆スピリットヒューマンさん
 >特に現在配信されているボウケンジャーの前とか前の前あたりとかですが…
ま、『マジレンジャー』にクール枠なんてなかったですよ?!(何かから目を逸らしながら) それはさておき、敢えて闇に身を落としている身だからこそ、淡々と苛烈な手段を取る事を辞さない、というのは、作風を活用したクールポジション、という感じで上手く収まりましたね。
 >パトレンジャーの方は仕事だからというのはありますが、それぞれ個人の戦う理由もルパンレンジャーと対比されるような形で掘り下げて欲しいです。
立ち上がりどうしても背景負けする構図になっていますが、これ、パトレンのメンバーもそれぞれ重い過去があるけど全員既にそれを乗り越えている、というのも面白いかもなーと。
 >パトレンがルパレンの正体を知らない事を利用して、素顔で対面させて人間関係を作るのは面白そうなので、緑が黄色をナンパしたのは良かったです。
この手の表裏の錯綜はやはり期待する要素で、面白く展開してほしいですね。
 >どうせなら飛田さんにはレギュラーで登場していただきたかったです。
以前にレギュラーで強烈なのやってますからね……(笑)
 >後継者争いをするのなら、各怪人のアピール合戦を繰り広げて欲しいです。
この辺りのひねり、コレクションの特殊能力などは、今後の面白みも期待したいですね。
◆あきさん
 >赤は兄を突き飛ばしたままの別れ、青は自分の遅刻のせいでという自責、黄も何かあるんでしょうか。
今回の感じだとここの掘り下げはやってくれそうで、他にはどんなスパイスを加えてくるか、楽しみです。
 >「警察戦隊が従来のスーパー戦隊で快盗戦隊は別の番組のヒーローぐらいのイメージで書いていく」とのこと。
 >2戦隊いるので片方は思い切って今までの単一戦隊では描きづらかったアンチヒーロー性や重い要素を入れていくんでしょうか。
今作端々で思い切った描写が見え隠れしていますが、狙い澄ました方向性なら、どこまでやってバランスを取っていくのか、というのも腕の見せ所で楽しみですね。
 >他所で、2話は「約束」というキーワードで両赤、3話は「取り戻す」で青緑を掘り下げたという説を見かけて、なるほどと思いました。
ああ成る程、そうか今回は、そこが繋がっていたのですね。こうなると第4話も同パターンで桃黄をやってきそうですが、意味深なサブタイトルをどう繋げてくるのか、面白そうです。
 >なんというか、パトレン側はいじりやすい荒川戦隊、ルパン側は取り扱い注意の小林戦隊のキャラという感じがしなくもないです。
ああなんか、それは凄く腑に落ちました(笑) 同じキャラクター中心でも、プラス面の魅力を前面に押し出す荒川さんと、抱えた危うさを見え隠れさせて引きつける小林さん、みたいな色分けは確かに。
 >香村さんですし、またひたすら残虐非道かと思っていたので意表をつかれました。
無骨で忠実なボディガード、という印象だったマッチョさんが、ギャグを重ねてきたのは驚きでした(笑) アドリブっぽい要素も含め、ギャングラーがどう広がっていくかも楽しみですね。
◆輝剣さん
 >「実はギャングラーの大幹部でルパンレンジャーはおろかパトレンジャーすらドグラニオ親分のお楽しみの為のマッチポンプだった!」
両方に流してあおっている……というのは、現状一番ありそうですが、そこをどうひねってくるのか楽しみですねー。
 >圭一郎の「やかましい」というキャラクター性にベストマッチだと思うのですが、ゴーオンブラックをなぜか連想してしまいます。
あー確かに、二人とも、声がデカくて自己主張が強い系ですね(笑) 凄く仲良くなりそう……。
 >力押しより逮捕術という辺り、今作のパトレンジャー側の特徴なのでしょうか、見ごたえがあります。
銃撃戦の合間に、こういうの混ぜてくれると面白いですね。今後も関節技、投げ技系の殺陣は期待したいです。
 >ママ視聴者陣には「家事を恋人に躾けられて毎日やると言ってプロポーズしたイケメン」として好感度アップでしょうが。
透真の特技である料理スキルも彼女に紐付けというのが念入りというかひたすら過去に繋がっているんですよねぇ……。
 >お互い願いを持つ以上願いの成就の可能性に言及されると相手の本気度も伝わって折れざるを得ない、と。
快盗一味を信頼しあう仲間ではなく、あくまで共通の利益の為の契約関係として描いて、ここは上手い組み立てでした。
 >圭一郎の気持ちもわかりますが、職務が改善されるように助言をしつつ叱るならともかく、怒りをぶつけるだけでは……
圭一郎、個人のスペックは優秀だけどリーダーとしては疑問符がつく、という描写が明確なので、圭一郎の人間的成長を描く、というのはパトレン側の一つ軸になるのかもですね。
 >圭一郎の部下管理能力の特性を理解しているからこそのこのフォローなんでしょうね。
1話か2話でも圭一郎をなだめていましたが、つかさが圭一郎のコントロール方法を知っている、というのは以前にも一緒に働いていたのだろうか?というのも含め、尺が限定される中で上手くキャラクター性になりましたね。
 >追加戦士とかライダーとのコラボとか今年もあるんでしょうし色々と大変そうですが期待ですよね。
年々大雑把になっていくライダーとのコラボ、もう無くていいと思うのですが今年はどうなのでしょうね……(^^;
 >「少年探偵団」の怪人二十面相(中の人は郷秀樹)?
あ、なるほど、どちらかというとそっちですかね(笑)
 >親分像はともかく、こんなに派手な市街戦をやっていると市民団体か上層部から監査が入りそうなんですが。
警察戦隊としてはその辺りも繋がってくれると面白いのですが、そこへ切り込もうとした『ゴーバス』がなかなか上手く噛み合わなかったりとかもあって、ロボ戦に関しては割り切ってしまっているのでしょうね(^^;
◆やずみさん
 >いやー、重い。「こりゃ後悔するだろうな」と納得させられるエグい過去ですね。
ただ「恋人を殺す」だけなら(言い方悪いですが)誰でも書けますが、すかさず強烈なスパイスを加えてくるのは、唸らされました。
 >そして現在、「仲間であっても、友情は希薄」な在り方を描く。
第1話で放火怪人に青黄が捕まってからの逆転劇を、約束で繋がった3人の結束として良い方向に解釈されるのを見越した上で、いやこの3人はそういうのとは違うんですよ、と見せてくる辺りがしたたかというか、性格悪くて好きです(笑)
 >一方、パトレンジャーに関しては陽性の雰囲気が強いことを再確認できたものの、やっぱり話のインパクトが弱い感じでしたね。
おそらく緑単体メインでやったらそれなりに面白いエピソードになったのが、セットでやった事で青の話とバランスの差が目立ってしまう感じでしたね。両戦隊の活躍バランスとか相当気を遣って書いている感じなのが、上手く噛み合ってきてほしいものです。
 >宮本さんって海外ドラマで印象的な役柄が多いですよね。
吹き替えだとホント、長くメイン級の方ですものねー。ギャングラートップの絡みと広がりは、非常に楽しみです。
◆八手四郎次郎さん
 >その一方で着々と不穏な伏線が積み上げられていくことに戦々恐々とせざるを得なかったり...。
ピカレスク路線という事もあってか、ヒーローの背景の薄暗さが割とストレートなのは面白く転がってほしいですね。
 >迂闊な言動が文字通りの命取りになる状況下から生まれた「はたから見れば滑稽でも当人達には死活問題」なシチュエーションという、結構シリアスなシーンなんですよね。
ああ確かに、マフィアものとかの、パーティーで周囲の冗談に合わせて笑っていると、「何が面白いんだ、ん?」と粛正される的な雰囲気も孕んでますね。
 >一見純粋にお気楽極楽担当っぽく見える釘宮理恵ボイスの事務員
……あ、素で間違えていました。鳥に続いて2回目のマスコット?キャラかぁ……と思い込んでいたのですが、いったいどこで混線したのか。
 >「実はルパンコレクションだった」とか「ギャングラーが送り込んだスパイ怪人だった」とかではないのかと今からワクワクしております(オイ)。
今作、劇中の万能要素(「ルパンコレクションの力」)を、怪人の特殊能力・ルパンレンジャーの目的・不穏なミステリーの軸、とする事で、主人公達に都合の良い要素ではなく、むしろ立ち向かう存在、にした設計が上手いなーと。
◆五月サツキさん
 >幸せ絶頂の最中に彼女が消されたら、そりゃ荒れるなと。
まずは代表して透真からになりましたが、容赦なくきつい描写で、ルパンレンジャーの背景をしっかり固めてきましたね。
 >魁利自身も兄と喧嘩別れをしており、気持ちとしては透真寄りなんでしょうけど、自分より荒れている人がいて逆に冷静になっているのか。
魁利の姿勢は一歩間違えると話の都合でふわっとしてしまいそうな所はあるので、その辺りを避けつつ、上手く個性を見せてくれる事に期待です。
 >合間に挟んではいるものの、描写はルパンに傾き気味なので。でもキャラ立ちはしっかりしているのは香村さんの手腕ですね。
尺の計算しつつバランスを考えて双方に見せ場とオチと掘り下げ要素を組み込んで、脚本演出ともに物凄いエネルギーが使われていそうです……(^^;
 >ギャングラーのコミカル要素は正直ちょっと驚きました。あの像気に入ってたのかと。敵側も、ここからどう変化をつけていくかが楽しみです。
過去作と被る要素は承知で敵側の掘り下げは後回しにするのかな……と思っていた所で、驚きのあるアクセントになりましたねー。
 >あと、パトのマスコットの声を担当されているのは釘宮さんかと……。田村さんというと、ゴーカイを思い出しますね。
何かの拍子にそれが混ざっていたようで、ずっと田村さんのつもりで聞いていました(^^;