はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ラビラビタンタンラビタンタン

◆スピリットヒューマンさん
 >今作ヒロインの扱いは今のところいいと思うので、主人公も魅力を感じられる日が来るといいですが。
美空はちょこちょこポイント与えて存在感あるのは悪くないのですが、戦兎はどうしてこうなってしまったのか……初期の、アイデンティティを保つ為に“理想のヒーロー”を演じている頃は割と好きだったんですけど。
 >強化したくせにズルせずに行けば負けていたと思われる何ちゃらブロス
ヘルブロスは出さないといけないけど万丈のいい所も描く必要があるので結果的に今回も中途半端な扱いになる歯車兄弟はホント、ノルマだけの為に動いているのが辛いですよね……。
 >第21話にガジャ様がっ!先日とある私鉄の広告で不滅の牙を演じた高橋光臣氏を見たこともあり、凄く興奮してしまいました(笑)。
ガジャ様、あの扮装でないと割と気付きませんよね……と、先日配信『ロボタック』を見て思いました(笑)
◆さやまきさん
 >こんなクズを殴って自分も同じレベルに堕ちたくないと言わんばかりの憐れみが(序盤なら間違いなく殴りに行ってたと思うので余計に)
展開の都合で負け要員になってしまう分か、万丈の掘り下げはしっかりやろうとしていて、そこは良かったですね。心配していた猿渡の存在感も出ましたし。
 >もう底なしに歯車兄弟を奈落の底に叩き落として笑い…いやいや涙が止まりませんでした(笑)
あの辺り、もう少し悪の魅力になればまだいいんですけどねぇ……ただセコい小悪党になってしまっているのがなんとも(^^;
 >そして迸るヒゲ放蕩息子の葛城愛と新しいフォームが早速ピンチ?と矢継ぎ早に戦闘以外の所も展開して
ローグ絶頂期早くも終了、で可哀想な気持ちになったのですが、もうちょっと粘ってくれそうなのは楽しみです。
 >ラビラビとタンタンを組み合わせるだけでハザードラビタンとハザードタンラビが作れてしまうという面白い事になってますww
色々ゲシュタルト崩壊しそうな……(笑) 新フォームの発想としては結構好きですラビラビタンタン。
◆鷹Deさん
 >マスターが桐生戦兎と万丈龍我の強化を願い、そのために戦争やバトルを引き起こすという物語の構造上、どうしても同じようなインフレを起こさざるをえない。
マスターの思惑があるのを承知の上で、それでも今、戦争を止める為にこの力を使う……というのが明確ならまだ良いのですが、なんかその辺りを戦兎が有耶無耶にして向き合ってくれないのがどうしても引っかかるんですよね(^^;
 >マスターや幻徳の力もあって今でも面白く見てますが気になる方の気持ちも分かります。
今ちょうど、一度引っかかった部分からどんどんズレを感じていく状態になってしまっているのですが、マスターと幻徳は相変わらず好きなので、まずはとにかく追いつきたいです。
 >あとやはりビルドは役者陣が素晴らしいですね。きっちりと嵌めてくるベテラン役者陣に若手が全然負けてないのでその辺りも物語として動いて見えるいい部分だなと思います
キャストはホント、凄くいいですよねー。戦兎が先行していましたが、万丈やヒゲさんも追いついてきて、互いの演技のぶつかり合いが相乗効果生んでますし。