はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

信じるか信じないか

◆MOPさん
 >圭一郎くんは本当に、普通の熱血キャラがぶち切れそうなところではなかなかキレませんね。
 >しかしやはり内心鬱憤は溜まっていそうで、デストラさんとどっちが先に弾けるか見ものです。
実際に出ている被害を止められていない事に関しては内心忸怩たるものがありそうで、それがどちらの方向に弾ける事になるのか、楽しみです。
 >つかささんの過去はトッキュウのライトとヒカリ、もしくはシンケンの茉子ちゃんかな。
単なる武闘派というだけでなく、背景と繋げてくれそうなのは楽しみですね。後は警察の過去で快盗を殴る、というのをやってくるのかこないのか、というのは興味津々のところです。
◆あきさん
 >クバルにコインを意地になって詰め込むナリアみたいに頑張りすぎてしまわれたイメージが浮かんだりしますが(違)。
コインたくさん詰め込んだらノエルあんなやたらと回ったり跳ねたりするようになってしまった……というのは妙な納得感が(笑)
 >気ままなグッテイが彼にだけは懐ききってべったりなのはノエルというキャラを信じるよすがにできるので気に入ってます。
グッティでノエルを担保する、というのは狙った構成ぽいですね。
 >あと販促的に、今期は玩具の売り方に問題がありグッテイを欲しいと思って貰えないと売上が伸びない仕組みで、
 >実のところ苦戦しているとのことなので、子供に人気のありそうなノエルと相棒感があるのは良いのかもと思ったりします。
あああ成る程。ノエルとコンビみたいな形で描いていく、というのは確かに玩具の援護射撃にもなりそうで、そういう意図も含まれているのかもですね。
 >大笑いさせていただきました(笑)。ヒルトップに褒められた時といい、本当にちょろいですよね。
防御力、ガタガタですよね……(笑)
 >来月東映FCで公開されるスピンオフのうち1本がかなり警察チームによった内容っぽいのでそちらに裂かれた可能性はありそうですね。
そういうのがあるのですね。きださんは昭和の王道ヒーロー的な外連味がお好きらしいので、警察戦隊メインだとはまるかもですね(逆に、圭一郎が昭和ヒーローぽくなりすぎる不安も生じますが)。
 >わりとノエルの本心自体は信じてしまっており、特に快盗達に対して「もちろん1人じゃ行かせない」などなんとなく保護者目線のようなものを感じるのが好印象だったりします。
考えてみると、快盗達に対しては年上ポジションでもあるのですね。ノエルはどちらに見ても魅力的なキャラで、「快盗と警察どっちを応援する?」を「ノエルを信じる? 信じない?」と一人で担うところまで、この話数で持ってきたのは本当にお見事ですね。
 >最前線に出て来て体を張るノエルが出てきてからどうも、コグレや塞ぎ込んでいたという現当主への不信感は募ってきているようでして。
ルパン家の当主カードがどこでどうめくられてくるのかは、非常に楽しみな要素です。
 >その後、床に立て膝ついて修理している姿がワイルドかつ知的で格好良く、本質はコレクション改造するエンジニア、職人なんだと説得力を感じました。
ここでノエルのエンジニアとしての面を映像で見せておく、という辺りも上手い所でしたね。
◆chi-chanさん
 >きださんは元々舞台がメインの人で、連続作品のメインライター経験自体がライダー2作くらいしかないので、
 >そういう意味では単発向き(もしくは連続モノ不慣れ)かなと思います。
中島かずきさんなんかもですが、舞台メインの方はどちらかというと、瞬発力の強さが目立つのかな、という印象はあります。