はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

激臨の行方

Beniさん
 >竜也は同時期にクウガの五代がいまして、うろ覚えですがポレポレで調理もしていたような気がします。
そういえば五代君は、店で出すレベルのカレー作っていましたね。高寺さんの趣味嗜好を考えると、五代って実は、ライダーと戦隊のハイブリッド的存在でもあったのですかね……。
 >翌年アギトの翔一くんは見事な家事手伝いですし、ゴウキからこの時期にかけて家事をこなせるヒーロー像が確立し、
 >カブトの天道で決定的になる感じでしょうか。
クウガ』も『アギト』も、「ヒーロー」以前の「個人」を重視した作品でしたが、こう見るとそれを補強する為の日常の描写が、時代の中の格好いい男性像と上手くシンクロしていった面もあったのかもですね。天道はまさにその極端化ですし。
 >大葉さんのインタビューによると、当初イエロー役の津山さんが三枚目演技もするつもりだったらしいのですが、
 >しばらく待ってもしないので「どうしたのか」と尋ねたら「やっぱりカッコイイ役がいい」と。
そんな事が(笑) ヒーローだと、普段の格好いいとは、また違う格好いいも出来ますものね。
 >自ら育て、食べ、しかも科学者だから頭も悪くなく、シリアスからコメディまでできるダイナイエロー南郷は、
 >絶妙なバランスでできた戦隊イエローの到達点だったのではないかと!
ダイナマン』は色々と80年代戦隊フォーマットの濃縮という感がありますが、確かに南郷は凄く、それまでのイエロー像が統合されている感じですね。後に拡散する要素としては、戦隊ダメンズ要素も持ち合わせていますし(笑)
◆やずみさん
 >培った何もかもを捨ててしまえばただのダメ男の理央、まごう事なきだめんすうぉーかーと化したメレ
強さへの執着と拳法を失った理央様には何もない、というのは考えてみるとネタに紛れて結構きつい所を抉ってたんですね、これ……。
 >だいたい年末の風物詩である忠臣蔵ものを10月中旬にやる時点でおかしいですし、やっぱりこの企画には無理があったかと。
ネタのチョイスといい、ホントどうしてこうなったのでしょうね。
 >劇場版で登場したリンビーストですが……ハッキリ言って評判は悪いです。
そうだったのですか。見た目は気に入ったんですが、確かに、理央メレの臨気獣が付属パーツ扱い、というのは表現としては微妙なところですね。
 >なんで「悪の戦隊」の集大成となるここで大きく扱いが後退したのか……やっぱり商売にならないんでしょうか。
勝てないロボット、って売りにくいんですかねぇ……。
 >いや、そうでもないっぽいですよ?品のない話ですけど、人外萌えの方たちからすると胸元の露出がそそるとか(そういう趣味の人たちがシャーフーたちに熱い視線を送った、らしい)。
おお成る程。世の中は深く、ケンの守備範囲は広い。
 >「激獣拳と臨獣拳のドラマを別々に進める」特色が「双方のキャラの接触が少ない」という形で裏目に出た感がありますね。
タカを倒して一番納得行く関係って、理央様なんですよね。サイにやられて一時撤退したタカが、クマ様にどやされて再戦を挑んできて改めてゲキレンジャーに敗れてリタイア……とかならまだわるかるのですが。
 >過激気習得のときとほぼ同種の覚醒に関する性急さ、いくら登場直後とはいえチョッパーに焦点が寄りすぎ、そして理央の扱い……
ケン登場からけっこう話数あったのに、肝心の覚醒を実質1話に凝縮してしまうとか、どうも構成が上手く行かないですよねぇ……。
◆五月サツキさん
 >理央メレの和服コスプレとロンが妙に印象に残っている回があったなあとは思っていましたが、まさかこんなタイミングだったとは……。
ロンは凄い持って行き方をしましたね(笑) バラエティ回としては悪くなかっただけに、変なタイミングへのもやもやがかえって強くなるという、大変困ったエピソードでありました。
 >ここでカタを退場、しかもケンが倒してしまうなんて。積み重ねも何もないです。
これはホント、あんまりでしたよね……。タカがキャラとして悪くないだけに、凄く勿体ない感じですし。
 >理央メレは別に拳魔に服従しているわけではないですし、当主に返り咲くべく1人くらい倒してもいいと思うんですけどね。
臨終サイドもここしばらくは、クマ派/理央派に完全に分かれていましたし、下克上とかでスッキリする展開に持って行けなかったものかと思いますよねー。
 >幻徳が変なシャツを着ているキャラになってしまって困惑していたのですが、葛城と永遠のお別れをしたから心が壊れたと考えたら納得しました(笑)。
東都の平和も、父親も、心の友も、大事なものは、全て失ってしまいましたからね……。
 >まあ一応葛城人格は生きてはいるみたいですが、葛城人格を取り込んだ戦兎が生み出したイマジナリーフレンドの可能性も有り得そうです。
幻徳の前では決して出てこない葛城人格にも、色々と考えさせられます(笑)
 >死亡フラグは立っているので、死ぬ前に美空にカズミンと呼んでもらえることを願うばかりです。
なんかもう猿渡は、後はいつ死ぬんだろう……みたいな事になっているのがまた色々と困ったところですよね。