はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

超絶合体ム

◆五月サツキさん
 >言ってることやってることはまさに悪役でしたが、復讐にとり憑かれた戦士としてはある意味同然のことで。
これを徹底的に描いた事で、復讐の重さとギンガマンとの対比、それを越えた最後の戦いが、本当にドラマチックになって素晴らしかったですね。
 >ヒュウガを助けるために黒騎士を殺そうとはしないものの、兄が生きていると知り複雑な思いを抱えながら星を守るべく剣を振るうリョウマもよかったです。
この数話で、リョウマがぐっと掘り下げられたのも、物語として非常に良くなってきましたよね。リョウマは大変格好良くなったなと。
 >ヒュウガ復活の次の回でリョウマはヒュウガの代わりなのか?というところに突っ込んでいったのは流石小林さんです。
で、そのリョウマのヒーロー性を揺らした上で、一つの脱皮を果たさせる、とお見事な流れでした。
 >鎧へのヒュウガの言葉が「自分がやると言えないやつに、この星は任せられないからな」
オマージュとして格好いいですねぇ。当時のキャストを次々と持ってきた『ゴーカイ』だからこそ、でもあり。
 >それにしてもヒュウガ、元レッドだけあって、安定感と安心感が凄いですね……。
リョウマが憧れと同時に劣等感を覚える存在、としての説得力があって、上手いキャスティグしましたよね。
◆鷹Deさん
 >ルパンレンジャーパトレンジャー双方の力でボロボロになるくらいの強さを損なわず、共闘するからこそ超えられるという中で、
 >共闘に至る論理が非常に的確でした。
シンプルに、コレクションを回収しないと勝てない、という部分の理由も用意した上で、感情的に共闘を飲み込むに至る流れを組み込む事で納得させる、というのが実に上手かったですね。
 >ノエルに関してもある程度は信用していいんだろうなと思える形で今後も絶体絶命であれば共闘もアリだなと思える展開でした。
こうなると次は、物凄く邪悪な敵を相手に快盗の方から共闘を持ちかける展開などもありかな、など次の想像も膨らんで、愉しみです。
 >対してビルドですが、ハザードトリガーが何故パンドラボックスをという展開に自分なりに補完をつけれそうな展開で、
 >これは映画見てないと分かんない悲劇起きないよなと不安になりましたw
『ビルド』はもう、2本の劇場版込みで『ビルド』だ、という部分は割り切っているんですかねー。
 >あと桐生戦兎が空っぽであるということを追及していく流れにもなっていて戦兎の中身がというのはかなり意図的にやってたんだなと思いました。
ああそこを、抑えてくれるのは良いですね。ちょっと安心しました。TV本編に綺麗にフィードバックされると良いのですが。
◆sakeiさん
 >ステイタスゴールドの「暗証番号が長い金庫=破られにくい=強い!」という直感的に分かりやすい設定で説得力が出て、
 >そこも快盗側と警察側が共闘する理由付けに繋がるのが秀逸ですね。
視聴者も劇中人物も、互いに納得できる部分を見つけられるところもあって、理屈と感情、両面から共闘を成立させたのが上手かったですね。
 >グットクルカイザーはトレインは4機なので11体合体ですね。
ああ! 数え間違えていました。ありがとうございます。
 >ここから後の合体がG12コースになるのかダイボイジャーコースなのかちょっと楽しみでもあり恐くもありです
CG以外だとあまり動けそうにないですし、個人的にはグットクルはここぞの切り札にしてほしいので、先日のコレクションは独立したロボのコアだといいなぁと思っていますが、省くと色々可哀想なグッティをどう扱うかですよねー。
◆MOPさん
 >妄想多目で楽しかったです。
ありがとうございます。香村脚本はキャラクター描写が面白い上で、行間もかなりしっかり設計されているので、ある意味で、安心して妄想を転がしやすいです(笑)
 >今回の警察と快盗にとってはそれだけハードルの高いことだときちんと描かれて来ているし、真の共闘への道がまだ遠いのも感じられたせいかも知れません。
どうなるのだろう、という危惧を吹き飛ばす、見事な展開での共闘でしたね。こうなると「共闘」そのものを、節目節目でステップアップさせていく目論見もありそうで、次の盛り上がりが楽しみです。
 >そして内心は忸怩たるものを抱えていても、一度協力するとなったら一番辛い場所で一番頑張る圭一郎くんが素敵でした。
確かに、先導したのはつかさだけど、いざ実行となるとまっしぐらに体を張ってみせる、というのは圭一郎らしい格好良さでしたねー。
 >あと、デストラさんはホントに1度皮を被って人間界に来くれたらいいなと私も思います。
基本的に根城ででブツブツ言っているだけで何故か妙に面白くなっているのですが、もう一押し、愛嬌が加わるとデストラさん最高ですよね……(笑)
◆八手四郎次郎さん
 >なんとなくですが、高尾ノエルって(「大切な人を取り戻す」という目的とは別個に)"お友達"が欲しいんじゃないか、と思えるんですよね。
 >幼少の頃から何らかの理由で孤独な生き方を強いられていて、"友達付き合い"に憧れているんじゃないかと。
コグレの態度からは若干矛盾しますが、ノエル=ルパン家当主(或いは近しい存在、例えば影武者?)という可能性を未だにちょっと疑っているのですが、友達欲しい願望を付け加えるとぴたっとはまってきますね……。
 >彼らと「春の陽だまりのような暖かな関係」を本気で築きたいと願っていてしかし実際に友達作った経験が無いために独り善がりの的外れな行動になってしまっている
咲也の応援なんかはそう捉えると、かなりしっくり来ますね(笑) あの変な興奮具合は、友人の恋の手助けをする、というシチュエーションそのものにグッと来ていたのか……。
 >ノエルの"お友達"願望には応えてくれなさそうな奴らばっかりなのがますます痛々しい状況を作り出していて、
 >結局グッドストライカーだけがノエルの頼みの綱なのか(同病相憐んでる関係)...。
グッティとの友情の厚さに、なんか凄く納得してしまいました(笑)
 >彼らのドライな関係がウェットに転化する可能性にも注目する必要があるのかもしれませんね。
どうもノエルが、3人の「今」に目を向けさせようとしているのはかなり意識的にやっている節が出てきて、ズレてしまっている部分も含めてどんな影響を与えていくのか、楽しみですね。
◆あきさん
 >あの部屋見たら、「やる気ある」も「やる気ない」もこちらの想定より遥かに重く刺さってきてしまい、もうなんか無理言ってごめんなさいって気持ちになりました。
あの「なんにも見えない」感は強烈でしたね……。
 >初美花も服飾好きで、夜逃げに持ち出したい荷物が一杯あり
これ気付きませんでしたが、魁利の部屋と対比すると、更に突き刺さりますね。
 >今のところ行動原理が兄貴にしかないように見え、もともと兄貴が全ての子が目の前で奪われてしまったのかもと。
写真が魁利幼少期、というのがまた辛いですよねぇ……魁利にとってはこの写真を更新しないといけないし、「取り戻す」というのとはまた別に、兄の存在を乗り越えないと前に向かって進めないのだろうなぁと思えてきます。
 >ノエルは何かところどころで魁利の上位互換な感じもしないでもないです。
魁利よりも更に色々と、割り切った感みたいなのが漂っている所はありますよね。だからこそ逆に、割り切りきれない人達に惹かれている面もあるのかも、というか。
 >なのでデストラさんにコレクション補充があるのかとか、ボスの鎖付きはどうするのかと、金庫攻略面でも楽しみになってきています。
今回の展開で、改めて主要キャラの金庫をじっと見る……とかしてしまったのですが、ボスが鎖付きなのは、こうなってくると意味深ですよね。
 >そんな部屋に居座ろうとジタバタしたのは、単に自分が寂しいからだけじゃなく、心情的になんかほっとけなかったんじゃなかろうかという気もしました。
ああ、ストレートに言わないけどノエルなりに魁利の事を心配して……というのは成る程、微妙に言葉を濁していた事にも納得ができますし、美しい解釈です。
 >ジュレ三人が他の人を交えて心からはしゃげたのは今回のノエルが多分初めてなんだろなと思うと、ノエルの何が嘘で何が本当でも、根底にあるのは温かいものであってほしいなと。
「正体を隠さなくていい」という気楽さと、ノエルの大胆な飛び込み方が良い化学反応で、いいオチでしたね。
 >そして中澤監督あまりに渾身の手腕ぶりに、まさかこれを最後にライダーへ行く置き土産じゃないだろなと若干不安が増してきていたりします(汗)。
中澤監督は毎度、それが心配になりますよね……(笑)
◆maonさん
 >はじめまして。
 >いつも成る程と納得したり、共感しながら拝見しております。
初めまして。ありがとうございます。
 >デストラさんとつかさ先輩のエピソード是非みたいですね。キョウリュウジャーのノッさんとキャンデリラみたいに
 >最終回目前の感動的なエピソードにも繋げられそうですけど、ちょっと容量オーバーですかね。
デストラさんと戦隊側との因縁も強化されてくれるとより面白そうなので何か期待したいところなのですが、これ以上詰め込むのは容量きつそうではありますよねー……。
 >確か対立関係という形で納得させたと思うのですが、前々回で共闘したと報告しても特に具体的な反論がなかったので、
 >パトレン側がどういう解釈をしているかが見えなくなっているなぁと気になっております。
確かに、「コレクションを巡っては対立している」筈が、一緒に事件解決したり、今回はハイタッチまでしていましたものね……。ひっくるめて、「事件解決の為に利用している」というのが表向きの弁解なのでしょうが、この先、なんらかの破裂に繋がるのは期待したいですね。
◆wander_sheepさん
 >ふたつの戦隊の熱い共闘が早く見たいという視聴者の潜在的な欲求に応えつつも共闘に至るまでの理由づけは丁寧で、
 >急に仲良くなったわけではなくあくまで一時的な共闘だよというのが見事でした。
一歩間違えると大惨事になりかねないのを心配していましたが、組み方がホントお見事でしたね。描写が偏りそうなところで、敵の側からも説得力を付加してみせたのもさすがでした。
 >あのロボかっこいいですよねー!
普段、劇場版のスペシャルロボはあまり気にしないのですが、今回はグッと来てしまいました(笑)
 >そしてアクション場面でお馴染みのあのぐるぐる回るカメラは、スクリーンのような大画面に映えるなぁと思いました。
本編でもだいぶ、使いどころが馴染んできましたが、あの映像は確かに劇場映えしそうですね。