はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

サムライガン、完結

サムライガン熊谷カズヒロ)7巻を購入。
ISBN:408876689X
何故か連載終了後1年以上発刊されず、何故かアニメが始まり、どういう裏があるのかそれと合わせて出る形になって発売された最終巻。
なんか、疾走・逆走・迷走・激走・暴走、とあちこちを走り回った挙げ句に、読者が求めていたのとはちょっと違う所に着地してしまったような。
作者の突っ走り加減に、私がついていけなくなったのかもしれませんが(^^;
個人的にはこのマンガは“格好いい”マンガだと思うわけで。その独特の“格好良さ”が好きだった私としては、それとちょっと違う方向に行ってしまったのは、かなり残念。
まあもともと、二面性を持ったマンガでもあったのですが、片面のバランスが強くなりすぎて、それに引きずられて走り去ってしまった、というか。
結局最後まで作者の顔の見えてこないマンガだったので、これが望んだ結末なのかそうでもないのかすら分かりづらく、その辺りの判断は非常に難しいのですが。まあ、『月光』との謎の同時連載が全て元凶のような気もしないでもなく。
色々ちょっと、残念。
次回はすかっとしたアクション物でも描いて欲しい所なのですが、とりあえずはこのどっか変な所に飛びすぎたのが戻ってこないと駄目な気がするなぁ……あと、パソコンで誤魔化しすぎなのもちょっと(^^;
嗚呼、好きだったなぁ、サムライガン(微妙に過去形)。