はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『闇のイージス』(作:七月鏡一/画・藤原芳秀)20巻、感想

闇のイージス 20 (ヤングサンデーコミックス)

闇のイージス 20 (ヤングサンデーコミックス)

年に4度のお楽しみ、『闇のイージス』です。
巻を重ねてとうとう20巻。この分だと、雑誌が無くなったりしない限りは(おぃ)、『ジーザス』の2倍ぐらいは行きそうです。連作中短編的な物語構造なので忘れがちですが、だいぶ長編になってますねぇホント。
今巻は独立掌編的なエピソード2本に、大きなポイントとなるエピソードが1本という組み合わせ。
久々にテロの香りのしない話、というのは良かったのですが、たまにはもっとあざとい程に原点回帰した話もそろそろ読みたい。物語が最近、そーいう方向に行っていないので難しいかもしれないですが。
こう、壁を割って出てくる楯先生を見たいわけですよ(笑)
あと、相変わらず熱いし面白いのですが、そろそろ、クライマックスへ向けて加速しだしても良いかな、という気がしております。まあ今巻も伏線張りっぱなしの某組織のネタとか一応出てくるのですが、七月さんは最終的にそーいう風呂敷を畳み損ねる事が無きにしもあらずなので(^^; 風呂敷が伸びすぎない内に、余裕のある内にまとめに入る準備をしてほしいかなぁとはちょっと。この作品の場合は、あんまりみんながみんな絡みすぎてもかえって変ですしね。各個撃破で行くなら行くで、そろそろ走り出して欲しいかなぁと。変に間延びするよりは、きちっとやってくれた方が嬉しいですし。忘れた頃にドラゴンズゲートとか出てきても困りますし(笑)
以下、ネタばれ有り。
今回の目玉エピソードといえる「標的、ゼロ」。期待していたのですが、結局は危惧していた通り、“ジーザス登場以来、ちょっと邪魔になってきたというかあまり役に立っていないゼロに一時退場してもらうエピソード”以上のものにならなかったのは、正直、残念。
この分だとゼロは、クライマックスのエピソードで“借りを返しに”来るまでもう、出番無さそうです(^^;
ゼロはゼロで面白いキャラだし好きは好きなんですけどねぇ、やはりこの点に関しては、ジーザス出してしまったのは失敗なわけで。
ジーザスとどっちを取るかと問われたら、作者も読者もジーザスを取ったという事なのか。ジーザスは野坂亜紀とも繋げてしまって、いよいよ外しようが無くなりましたしね。
あと、オールドギースと橿原七瀬が“親子”というのは、引っ張った割にはあんまりなネタだと(笑) いや、それが一番普通なわけですけど、だったら、引っ張らなくてもいいと思うわけで。まあ、橿原自体がお遊びだからと言えばそれまでなんですけど。となると今度は、そのお遊びキャラが話の重要な所を持っていっていいのか、と。正直、作劇的にはあれは禁じ手。で、そういう事をたまにやるから、七月さんには全幅の信頼を置けないわけで(^^;
全体的にそういう事になる前に、まとめに入ってほしいわけですつまり。
<ゲイザー>とかどんなトホホな事になってしまうか、今からちょっと心配ですよ。
で、今巻最大のときめき所ははやはり、相変わらず子供が関わると悪鬼羅刹モードに入る雁人さん(笑) 素敵すぎ。
あと、橿原七瀬は割と好きなので、再登場希望。次に出番あるとすると、ジーザス(或いは野坂亜紀)と絡む展開かなぁ。