はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団

えーと、私は好きです。
……従来作の流れで買ったファンは、ちょっと引くかも(^^;
とりあえず、主人公が常時、学帽&外套で日本刀&拳銃携帯というのを受け入れる必要があります。舞台は大正二十年の帝都なので、コンピューターのコの字も出てきません。ステータス画面の背後に、何故か桜が舞っています。
どういう企画書で誰が通したのだろう、というぐらい好きな物を好きに作った感が全編から迸っていて、異色という点においては『ペルソナ』が可愛く見えるぐらい、異色。まあ、私はもともと『女神転生』シリーズに関してはファミコンの1と2をやってないというぐらいのレベルなので、シリーズの正統性云々などに関しては、こだわりないのですけど。
システムに関して詳しい事はまた後日書くと思いますが、「戦闘がアクション」「悪魔との交渉という要素が無い」など、シリーズ的には大胆と思われる部分も。
とにかく何というかこう、“力こそ全て”みたいなゲーム(笑)