はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

いつまで続くか企画:さだまさしアルバムを再聴する・2

第2枚:『夢ばかりみていた』(1990年)

  1. 夢ばかりみていた
  2. 1989年 渋滞 −故 大屋順平に捧ぐ−
  3. 修羅の如く
  4. 初恋
  5. 十六夜
  6. デイジー
  7. せっせっせ
  8. 冬の蝉
  9. 赤い靴

特に好きな曲、というのは無いですが、星半分ぐらいつけてもいいかなぁと思うのが「初恋」「十六夜」。さびがやたらに耳につくのが「せっせっせ」。落ち着いて聞けるアルバムで、たまに聞き返すとその内好きな曲が増えるかもしれない、という気はする。