はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

明日は菊花賞

前走、1000万下勝ちが4頭、1600万下勝ちが1頭、……て、菊花賞てこのぐらいの感じだったかなぁと思って色々調べたら、過去10年で、前走1000万下からの馬が32頭出走しているようで、という事は年平均3頭は出走している計算なので、特に今年がレベルが低いとかそういうわけではない模様。……ですがやはり、なんとなく、格落ち感が否めないのは、前走気持ちよく重賞を勝ってきている馬が1頭しか居ない事と、G1馬の不在が原因か。一応、セントライト記念の1・2・3は揃っているのですが。
そんなわけでここは、妙な所から狙おうと馬柱を眺めていたら、ステイゴールド産駒がいるではないですか。しかも、3連勝中の上がり馬。他の馬がだいたい10回前後の出走回数の中、1頭だけ17走しているというのは非常に気になりますが、ステイ産駒だし、応援したいと思います。
というわけで、本命はシゲルフセルト 。川島のG1奪取も見たいしなぁ……くうっ、かえすがえすもスイープトウショウ(未だに、裏を買わずにエリザベス女王杯の馬券を外した事を根に持っているらしい)。
対抗にノットアローンというか、横山典。この混戦模様なら、典さん乗るというだけで、押さえる価値はあると思う。
この2頭を応援しながら、楽しく見ようと思います。
レースとしては好きなんですよねぇ、菊花賞