はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

福永は今年はオールバックで通すのかしら


〔福永、武&ノリに並ぶぞ!4週連続重賞V…東京新聞杯/スポーツ報知〕
◆連続週JRA重賞勝利
武豊の6週が最高。98年9月20日〜10月25日に、オールカマーダイワテキサス)、ローズS(ファレノプシス)、セントウルS(マイネルラヴ)、毎日王冠サイレンススズカ)、京都新聞杯スペシャルウィーク)、デイリー杯3歳S(エイシンキャメロン)、秋華賞ファレノプシス)と、G1・1勝を含む重賞7勝を挙げた。続く記録は4週連続で、武が3回、横山典は1回達成。福永は、過去に3回トライしたが、果たせずにいる。
本題よりも、過去の記録における豊さんのトンデモぶりが際立つ件。
6週連続G1含めて7勝って……。
フレールジャックはマイルぐらいまでの方が良さそうな感じはあるので、どのぐらい出来るか、楽しみであります。今の内にとにかくどこかでもう一つ勝ちたくて仕方がないサダムパテック(9月から5戦目)も出てくるし、力を測れるメンバー構成にもなったかな、と。ここは抜けてもらわないと困るというか、
しかし別定戦でこのぐらいメンバー構成だと、フミノイマージン、牡馬陣と斤量一緒なのか。