はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

空を飛べた筈

◇kanataさん
ユウリさんは「2988年時点で10歳」なので、「3000年(タイムレンジャーが20世紀に送られた時点)で22歳」、という設定で良いのではないかと思われます。劇中3月時点で大卒っぽいタツヤと同い年という事かなーと。
 >竜也はそこまでする義理なんてないはずなのに、なぜかタイムレンジャーの業務を最優先していますね。
もともとタツヤが卒業後に“俺の城”で何をするつもりだったのかはわかりませんが、彼は彼なりに、浅見の家を出た後の“自分の居場所としてのタイムレンジャー”に執着(とある種の依存)しているのかなー、とそんな風に見ています。その辺りが、タツヤの弱い部分、として今後踏み込まれると面白そうだなぁとか思いつつ。
実際、ドモンは工事現場とかで働きだすと凄く稼いだ上に現場でも人気者になりそうな気がしますが!
 >SFチックな小道具で良くある、円周状のキーボードを、椅子に腰かけ叩いているイメージ
あーなるほど、確かにそう見ると、ちょっと格好いいかも。
でも、“荒ぶる鳥のポーズ”が正解な気がするのですが、どうしてあんな事になってしまったのか……(笑)