はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

夢を果たすまで 一歩もしりぞくな

◆kanataさん
 >クールギンとネロス様は、何度も同時に登場していたはずですからね。
同時に出ていた時はどちらかが影武者だったのか……本当に誤誘導でまんまと騙されていたのか……蓋を開けたらトホホなネタという可能性もありますが、そんなこんなを考えさせられながら来週まで引く、という時点で物凄く楽しめてしまうので、もう満足です(笑)
 >もっとも少々惜しいのはこれ、驚いてるのが視聴者だけで、流星さんは桐原剛造の顔も(たぶん名前すら)知らなかったという(汗)
何故かナレーションでも、「流星は桐原の顔を知らない」みたいに補強してましたしねー(笑) 本当に舞パパが居なければ、「それで?」で終わってしまうという。舞パパは、終盤のキーキャラという事なのか、妙に格好いいですね〜。
 >八荒の友情を問うているようで、その実「あれが八荒でも僕は行く」と告白もしてた流星さん。
あそこの会話から、なんだかんだで追いかけてきた八荒と無言でわかりあう流星のシーンは、言葉にしていない所で色々含ませている部分も含めて、ここまでの本編の中でも屈指の名シーンだったなぁと。
 >「夢」ってもしや何かの隠しテーマなんでしょうか。
ああ確かに、なんか、脚本家の方で、統一モチーフとして入れていたのかもしれないですね。
ヘドグロス編+夢ちゃん回の藤井脚本を、メインの高久さんが受けたという感じでしょうか。