はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

杉村升は『ウインスペクター』で少し見直したのだけどなぁ

◆kanataさん
 >この前後編はちょっと、視聴していて不愉快なレベルで酷かったですね。何から何まで脈絡がない。
ホント酷かったですね……作品自体は気に入っているので、ここで崩壊しないで乗り切ってほしいのですが(^^;
 >そしてなぜだかキバレンジャーの正体が伏せられてるため、コウに対する五人のリアクションもまるきり意味が不明。
ここはホント、全く意味不明ですよね……コウがキバレンジャーという認識があるなら、配慮する必要があるわけですが、それが無ければ本当に、ただの迷惑な悪ガキという。こういう事がしたかったのかなぁ……という意図すら見えなくて困ります。
グホンはもう、新妻といちゃいちゃしているので、ダイレンジャーの事とかどうでもいいとしか。あの適当な通信といい(^^;
 >阿古丸関係の方だけは、少し面白そうなんですが……(阿古丸、なんですね。阿斗丸かと思ってましたが、おや本当に)
由来はたぶん、そこから来てそうですよねー。
今までこれといった背景が無かったシャダムが物語に絡んできたのは、非常に楽しみなのですががが。