はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

尻尾は大事だよ

◆橘まことさん
 >文庫で1冊千えっ……
もともと高めですが、近年の翻訳SFの値段はなんか凄い事に……(^^;
図書館にありましたなら、借りるというのは正直ベストだと思います。買うには愛がいる部類(笑)
◆kanataさん
 >正直こんなタイミングで退場者が出ること自体が予想外というか、出るとしたって王女が先だと思ってましたよ。
すぱっとここで敵幹部を減らして、物語を動かしてきたのは、本当に予想外でした。
王女の問題は、退場させても中の人間関係に大して変化が起きないんですよねー。王子が喜ぶだけで(笑)
 >そもそも王子は今回そこそこ健闘していた方というか、敗因はむしろ、ゼノビアの説明不足だったように思えるのですが(汗)
少なくとも、ビームの使用制限ぐらいは、先に教えてあげるべきですよね(笑)
と考えると、王様、ゼノビア、カー将軍で「もうあいつ、面倒くさいし……」みたいな話し合いがあった疑惑も(^^;
 >そしてゼノビアまでが「50年前の」地上の発明を当てにしてるあたり、ジャシンカの兵力は当初の印象ほどにすごくない……?
どうもジャシンカ帝国は、周到なスパイ活動で集めた情報を元に、電撃戦で東京を占領して日本を手中に収め、そこで得たエネルギー/科学技術/兵員を元に、地上を征服しようとしていたっぽいですね……。