はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

夢で逢えたら

◆gariさん
 >この人、他所のキャラとか大人の事情とか上手く処理出来ないんですよねー。
ああ、基本的に大人の事情系は苦手でしたか(^^;
いや正直、通常の技量考えたら、もう少し何とか出来る筈というか何とか誤魔化して下さいとは思ったのですが、露骨に熱量が低いですものね(笑)
◆nononoさん
 >せっかくなので自分が知ってる分の通常版との違いを…
おお、ありがとうございます。実はレンタル店に通常版もあって、ライブ感覚で見るならそちらの方が正しい気がしたのですが、10分長いしな……と遂また、ファイナルカットを借りてしまいました(笑)
 >ジークと牙王のキャラソンの追加
あれ、キンタロスと同じで、歌が気になって戦闘に集中できないという(笑) 特に王子。
 >小太郎の命名シーンもカット
シュウマイのくだりが無いと、そこが変わってしまうのですねぇ。モモタロスが直接つけた方が、クライマックスの良太郎の呼びかけにも繋がるので、そこは勿体なかったですね。
 >あと通常版は最後両親のシーンの後からEDの「夢で逢えたら」が流れているなかでエピローグという形になっています。
……(脳内で想像中)……おー、それはそれで良い感じですねぇ。ラスト、台詞より表情で見せていった演出は、それもあったのでしょうか。
◆橘まことさん
 >つい先日DVDを見て記憶が鮮明だったのもあり、会社帰りの電車の中で読んでいたら鼻の奥がツーンとなってしまいました(^ ^;
以前借りた時に3回見て、もうさすがに……と思っていたのに、いやー、あのラストは本当、何度見てもぐっと来ます。
 >しかもそれを強調していないのもいいなあと思います。
ロングでさりげないのが、実にいいですよねぇ。
 >牙王もまったくバックボーンを描かれていないですからねえ(^ ^;
ギリギリ、“劇場版の敵だから”で許される範囲ではありますし、そういう判断だったのでしょうが……持っているアイテムから強盗の手段まで、謎の多い人物でした(笑)
 >ストーリーにきちんと絡んで出番が増えた挙げ句「ああ……うん……」という演技を見せられたのかもしれない
そうなんですよね(笑) 絡んだら絡んだで地雷という可能性もありますし、むしろこれではこれで適切な処理なのか、みたいな。とりあえずそう思い込んでおくか、みたいな。