はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

これから正義の花道

◆divoさん
 >フラットなところでキャラクターを見る前に、ひたすら状況に押し出されてギスギスしてる状況なのはちょっと乗りづらさを感じますね
そうなんですよね〜。感情移入する所があってこそ、大変だけど頑張れ、みたいなものが出てくるのに、そういうのが一切なくて(^^;
で、突然、物語の流れと違うキャラの肉付けが挟まるので、人格破綻しているようにしか見えないという(笑)
◆橘まことさん
 >一気にイッパツマン的な名前に……(笑
エルドランを避けたら、タイムボカンに(笑)
 >ヤツデンワニはその後の劇場版でも頻繁に登場していますし、スーパー戦隊シリーズそのもののマスコットと化してますね(笑
あれはホント、作品を乗っ取りかけましたからね(笑) 『アバレン』自体がやや微妙な出来だっただけに、ますます印象強いというのもあるかとは思いますが。
 >きっとボンパーが「僕が監督に伝えておくよ! ボンボン!」とか言いつつ死亡届を(笑
畜生、ボンパーさん、悪魔!
まあ確かに、退路を断っておいた方が、色々と扱いやすい……。