はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

人間はみんな音楽

◆TAPさん
 >世間的には評価がイマイチなキバですが、ちゃんと見てみると案外面白いですね。
凝っていて面白い所と、物凄く雑な所が激しく混ざり合っていて、何とも悩ましい作品ですね。正直、毎週1話ずつだと辛いなーとは思うので、評価いまいちというのも、納得してしまいます(^^;
 >やっぱ登場人物がカッコ良く描写されるのに越したことはないなと思いました。
狙い澄まされてはいますが、音也は端々の、格好いい台詞が本当に格好いいですよねー。
 >大村さんの何がダメって、わざわざうるさそうなところをうろついているところじゃないでしょうか。
賞金首リストに載る程度には暴力事件起こしてるようですし、あの人、どうにもわざとっぽいですよね(笑)
 >イクサのモチーフは"聖職者の法衣"だそうです。ただそれを事前に知った上で9・10話を見た自分は、
 >753とイクサが"融通のきかない異端尋問官"みたいに見えて仕方がありませんでした。
ああなるほど、甲冑のイメージだとズボンの黒に違和感があったのですが、色の違いで法衣の裾が広がった感じを表現しているのだと思うと、凄く納得です。決め台詞とも繋がって、異端審問官というイメージはぴったりですね。