はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

給料は歩合制

◆kanataさん
 >別人どころか別生物とすり替わってて感知できない検査の信頼性とは一体(−−;
バイオロンの科学力は宇宙一、という事で……(^^;
 >電車ごっこがただの狂気映像でなく、きちんと意味ある伏線だったあたりはよかったですけどね。
あれは、ここまででもかなり好きです(笑) 大筋はともかく、細かなギミックが色々、面白かったですね。
 >ハリーが敵だと言ってる以上は敵なのかもしれませんけど、認めていいんでしょうかこの理屈。
ジバンに対しても、メタな視聴者向けにも、ハリーボーイが凄い誘導を仕掛けていますよね(笑)
ハリーボーイの頭脳に警視庁の手が入っている事を考えると、闇の公権力の意志という事なのかもしれませんが(^^;
 >第三勢力ムーンライトパワーさん(仮)来襲を同じ話へ悪魔合体させたのかも理解できません(_ _;
『ジャンパーソン』1クール目を見ていた頃は、どうしてこんなガタガタな……と思っていましたが、数年前に、もっとメジャーなのに、ここまでガタガタの作品があったという事実に改めてビックリです(^^;
 >各自が各自の得意な能力を活かし、各自の信念に沿って活動してると。
 >……だから微妙に色々バドーの方針が一貫できてないように見える、と……。
ああ、眼力マン辺りは、営業に任せられない性格で、「俺が自分で売り込みかけるぜ!」と考えると、確かに納得です(笑) 
 >そしてタイホウマンやハリサスマンなどは、外回りでなく内部監視&アフターケアがメインの特殊任務組なのかなとか。
後編の大砲は完全にノコギリのフォローをする形で動いていましたし、バドー監査部はありそうですね。
脳がゆるめの連中は、平ロボットといった所でしょうか(笑)
 >……唐突に思い至りましたけど、もしや「マザー」と「芝刑事(オヤジさん)」て、メタ的な意味では対の関係なんでしょうか。
マザーが超存在すぎて考えてもみませんでしたが、言われてみると、そうですね。芝刑事が終始厳しいのに対し、マザーはだだ甘ですし。芝刑事の奥さんが居ないのも、定番といえば定番ですが、人間サイドに母性を置かないという構造でしょうか。
 >このボリュームの感想を週四本立てペースではしんどいでしょうし、どうぞご無理の出ない範疇で。
一番ざっくりやろうと思っていた『ロボット刑事』が、今見ている中だと一番面白いというのが想定外で(笑)