はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

成り上がれ!

◆さやまきさん
 >父親に王政を敷いて貰う(笑)
「実は父さんは○▲□国の王子だったんだけど、日本に留学した際にあんこの味に感動して、国を捨てて日本に帰化したんだよ……」に始まり、関係者が次々と王族であった事が判明して王族インフレが起こり、トワイライト様が精神的に追い詰められるという悪夢的展開を思いついてしまったのですが、どうしましょう。
 >ディスピア様が義母トワイライトが義妹って路線もアリなのか(笑)と思ったり
プリンセスになる為に闇に魂を売り渡したフローラがディスピア様の養女になるという衝撃の展開とか(笑)
 >プリンセスというワードが俄然意味を持ちはじめてくるのかと期待していますww
これまでずっとふわふわしたイメージシンボルだったのが、突然具体例が出現したので、これをどう調理してくるか、期待したいですね。
◆wayさん
 >いや、メタ的にプリキュアの力捨てたらオールスター映画に支障が出るので(笑)
……あ(笑) それは、とても根源的な問題ですね(笑)
 >打撃系ヒロインな本作のことを考えると、過去のプリンセスの定義壊して新しいプリンセス作る革命家路線もありそうな気がしますが。
言われて気付いたのですが、ディスピア政権を打破して自分で建国すれば、王家とプリンセスを名乗っても問題ないですね!(待て)
 >「家族がいるから」って着地も、それはどうなのかと。
構成としては、はるかのふわふわした夢に、家族という足場を与える(無条件に肯定してくれる人を置く)という事だったのでしょうが、どちらかというと、はるかの夢のふわふわ具合を補正した方が良かったのでは……というのは感じました(^^;
 >むしろ兄や父から「私たちに縛られず、お前の夢のために頑張れ」とか言われて迷子になりそうですし。
流れとして、夢と家族の繋がりを描いていくとすると、みなみ様の家をどう描くのかは、注目ですね。
 >で、春野一家の夢を笑うシャットへの啖呵「わからないの?!家族の愛情が!」には「またそれか」って(^^;
なんか急に、家族愛を持ち出したのは違和感ありましたね(^^; きららがやたらにお母さん大好きをアピールしたり、トワイライト様の方も色々ありそうなので、2クール目はそれぞれの背景として「家族」に焦点を合わせる前振りなのかな、と受け止めていましたが、地獄の蓋が開いてしまう可能性もあるのですね……(^^;
 >ゴセイナイト「人が人を思う気持ち。それを愛と言うのだ!」
そ、その辺りは、忘れたいです…………(笑)