はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

海を護るはマーメイドの使命!

◆wayさん
 >1クール終了してからの参加という、歴代で最も遅い参加だったので各種設定やキャラを把握し切れてないという可能性もあるのですが、
 >シリーズ皆勤で作品ごとにちゃんとカラーも変えてきていたので、本作は一体どうしたんだと心配にもなるのですが。
2クール目からの参加といっても、打ち合わせなどもしているだろうに、あれ? なんか、設定とか物語のコンセプトを間違えて捉えている? みたいな謎の描写がけっこう目立ちましたね……(^^; シリーズ皆勤である程度の呼吸を掴んでいる筈の方だと聞くと、本来参加予定なかったのに、急に代役で参加する事になったのではと思いたくなるような感じで。
 >今回そういう「家族の愛情」をすっ飛ばして、海とイルカに対する友情とか愛が軸になってパワーアップ、というちぐはぐな展開に。
コメント頂いて思ったのは、そもそも、みなみ様って“キュアマーメイドアイデンティティが無い”のですけど、それを、“ある”と勘違いして書いたのかなーと(^^; そう思うと、アイデンティティを強固にする話としては確かにセオリー通りなんですが。みなみ様の場合、“アイデンティティを持つ”話を先に書かなくてはいけなかったので、シナリオとコンテの疎通が出来ていない、よくわからない話になったのかな、と。
 >「この海を守れと遣わした力」とかそれっぽいこと言ってますけど、ドレスアップキーって地球の宝じゃないし、
扱いといい出方といい、突然、某護星の奇跡みたいに(笑)
 >「世界的な愛」と「個人的なラブ」をまとめて「愛=人の幸せを願う心=絶対正義の万能パワー!」で押し通すつもりなのか、という思いが。
ああ、成る程それは危険な使い方ですね……(^^; お兄様もなんか、「愛」とか「夢」とかキーワードを強引に持ち込む為だけの素材にされてしまいましたしね……。
 >仮にも「花のプリンセス」を目指していて、そのために花の種類を勉強していたり(第10話)、ゼツボーグに踏みつけられそうになった
 >花をかばったり(第1話)しているはるかの方が、自然に対する愛情というポイントでもマッチしてますから。
はるかは“キュアフローラアイデンティティがある”のですよねー。逆に言うと、はるかだけが“ある”のが、今作のポイントなわけですが。その辺りでどうも、ボタンの掛け違いがあったのか。
 >何故かとことん過去エピソードを拾わないんですよねー(^^;
前回冒頭で紅茶のレッスンを拾ったりとか、他はやっているだけに、悪目立ちしますよね(^^;
Beniさん
 >みなみ様イルカ回の見所の一つは『驚異の一人原画』だったりするのでー。
EDクレジット見ていて、原画オレ(1人)・作画監督オレ、て何かおかしくないか……と思っていたのですが、やはり驚く所だったんですね!
◆さやまきさん
 >変身パフュームを音声解析した方(毎年変身アイテムでこういうコトする輩は結構います)によると
おおぅ、そんな人が居るのですか……(^^;
 >誰がプリキュアになるのかネットでは憶測が流れていて眼鏡っ娘はトワイライトに次ぐ対抗扱いのようです(笑)
眼鏡っ子はどちらかというと、存在の軽い扱いに耐えかねて、ディスダークにくみするという展開を見たいです(笑) トワイライト様を踏みつけにする真の闇のプリンセスとかでもOKです!