はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『コンチネンタル・オプの事件簿』(ダシール・ハメット)、読了

ハードボイルドの生みの親として知られるダシール・ハメットの、名無しの探偵(オプ)を主人公にしたシリーズの、短編集。
海外ミステリに傾倒した際にかかるはしかみたいなもので、ハードボイルドに手を出した際に買って本棚に放置していたのですが、面白かったです。若い頃は実にわかりやすくレイモンド・チャンドラーへ流れていたのですが、小説としては、ハメットの方が好みかもしれない。
今更ながら、『マルタの鷹』が読んでみたくなるなぁ。
それにしても、1920年代だからなのか、アメリカだからなのか、フィクションだからなのか、登場人物の引き金が軽い……滅茶苦茶軽い……(^^; 凄い勢いで銃殺死体が積み重なっていきます。
チャンドラーも未読の短編集が積んであったりするので、久々に読もうかなぁ。