はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

紫の炎になって

◆ナシナさん
 >主人公ジャンパーソンの立ち位置の移り変わりを軸にして見る物語構造、いろいろと解釈や発見がありますね。とても分かり易いです。
ありがとうございます。3年続いたチームヒーローから、個のヒーローに焦点を絞り、そこにこだわったのが今作の一つ、面白くなった部分だなーと思います。
 >その辺りがちょっととっつき難くて、申し訳ないけど、いまいち知名度が高くないのでしょうか?
幾つかリアルタイム時の思い出で、強くて格好いいヒーローとして見ていた、という話を見聞きしており、割とわかりやすい正統派ヒーローとして受け入れられていたっぽくはあるんですよね……。逆にまあ、レスキューシリーズに比べてすっきりと受け止められすぎて、歴史の中で埋没してしまったのかもしれませんが(^^;
 >ジェイカー関連は援護したり、おとりになったりと、結構活躍したのに、主人公が強烈過ぎて、霞んでしまうという、振り返るとちょっと可哀相です。
ジェイカー関連だと個人的に最も印象深いのが第19話の、パンサーレディを追い出す為に自分をスカイジイカーで撃つジャンパーソン、なのですが、サポートメカも見事にジャンパーソンのラスボスぶりの踏み台という(笑)