はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

学習

◆wander_sheepさん
 >予告の時点で扇澤脚本回を察知されるとは、さすがですね!
ウインスペクター』からずっとこんな感じなので……(笑)
 >地味すぎるススキ野原の隠密戦(あんなに目の前で身を潜める)
妙に遠い位置からだらっと野原を撮ったりとか、急遽、都合によりあそこでアクションシーンをでっちあげないといけなくなったのでは、と疑いたくなります(^^;
 >3日前に彼女を失ったばかりという状態で、その彼女の撮った写真を(ネガがあるとはいえ)街で売りさばく男
実は写真を撮ったのは本人ではなかった、というトリッキーな展開を優先してしまったのでしょうが、落ち着いて考えてみると男の行動はわけわかりませんね……(^^; 合わせてショウもとりとめなくなって二重の被害に。
 >男が写真を携え真相を求めて街を彷徨っているところ、ブルースワットと遭遇。
ああ、あの写真を売る、よりも、あの写真が何かを調べようとする、方が自然でしたね。
 >それにしてもエイリアンが相手なら、ヒーローがさらっと復讐推奨することも地味に驚きでした。
70年代寄りのオチで、もしかしたら、作品として意図的に雰囲気を少し古くしているのかもしれないですね。