はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

エグゼイド×FLASH×ジュウオウ

◆gariさん
 >エグゼイドは、「新ライダーを毎回出しつつストーリーの伏線も張る」と言うのが明らかに詰め込みすぎなんですよね。
キャラの立ち上げ×設定の説明、が物語の進行ペースに追いつきようがなくて、荷台に載せた端からこぼれ落ちているみたいな感じになってますよね(^^; で、仕方なく必要な説明を場当たり的にねじ込むので、言行の背景がどんどんわからなくなっていくという……。
 >脚本家の中にはちゃんとした理にかなった筋書きがあるけど、駆け足過ぎるせいで本来有るべき大事な描写をボロボロ削り、
 >そのせいで歪になってるんじゃないかなぁ、と言う印象です。
なんとなく建物の大枠は見えるのですが、鉄骨の代わりに発泡スチロールの柱で建設中、みたいな(^^;
 >ある程度までなら年始以降取り返しが効きそうですし、そのラインを超えるともう最後まで建て直し効かないでしょうね。
最初の一山(10のガシャットをクリア)は明示されているので、その前後ぐらいで、どっちに転がるかになるんですかねー(^^;
◆久仁彦さん
 >「博士スゲェ!」「博士キメェ!」「えっ、じゃあアイリスパート真面目に見てた苦労は何だったの!?」
もともとラボの中の会話は油断しすぎだろうとは思っていましたが、序盤のネタを拾いつつ、想定を軽々と上回ってきたのはホント気持ち悪かったですね(笑)
 >博士からもノーマークだったアイリスが意外な形で真相を掴むという役を演じると思ってたのですが
アイリスの新聞社就職は、ひたすら悪い意味で引っかき回しているだけになりましたねぇ……(^^;
 >強キャラ感に加えて気持ち悪さとそれから来る面白さを兼ね備えた名悪役だなぁ、博士。
今のところ、今年最高の当たりキャラです。素晴らしい。
◆ナシナさん
 >ジュウオウジャーからすれば、他に協力者がいたという盲点を突かれて、意外な記憶読み取り方法に見える演出は良かったと思います。
バングレイが、やってきたクバルの頭部にタッチするシーンの映像が、なんか好きです(笑)
 >クイズ回を忘れていないのは良かったのですけど、手加減はしていたとはいえ、葛藤がちょっと短めだったのは尺の都合でしょうか。
どうせ拾うならもうちょっと……というのはありましたが、色々ややこしくなるので(幽霊を背負い投げで消し飛ばしたりしてますし)、あまり踏み込みすぎたくはなかったのだろうなぁと(^^;
 >偽者は若干弱体化しているみたいですね(ジューマンたちも経験値を積んで強くなっているのもあると思いますけど)
再生怪人のお約束とも言えますが、偽物はあくまで劣化コピーという事なんでしょうね。ここまでの偽物怪人も割と大雑把に倒していたので、その辺りの違和感は無くて良かったと思います。
 >後者なら思わせぶりに挑発するをジニスに対して、密かに悔しがるクバルの構図
私に面倒くさい仕事をやらせて、オーナー凄い面白がってるよ……! という可能性も(笑)
 >それはジュウオウジャーだけでなく、裏切者クバルにも当てはまるので、彼らの関係性がどうなるかも気になります。
どう転んでも、そこまでおかしな事にならない、というのはクバルを上手い位置づけで使ってきたなーと思います。
 >エグゼイド(近距離パワー型?) ブレイブ(バランス型?) スナイプ(遠距離型)というバランスはいいと思います。
主人公なのでがんがんオプションついていくのでしょうが、今の所、ハンマー振り回しているエグゼイドがなんだか一番間が抜けているという(笑)
 >最初、患者そっちのけで、いきなりスナイプこと大我に突っかかってましたからね(しかも、バグとの戦闘後、大我を帰してしまう)
あそこも、喧嘩始めたと思ったら、エグゼイドに声かけられて今度はすぐに怪人に突っかかったり、とにかく鏡が凄く話の都合だけで動くキャラになってしまいましたね(^^;
 >自分がホームランを打ったら、手術をちゃんと受けてもらうように難病の少年に約束した野球選手が宣言通りホームランを見せた的なカッコよさに近いですけどね。
ああそれは、しっくり来ますね。問題は、野球選手はそれでいいけど、エムは治療する医者の方という事なんですよね(^^;
 >番組としては"ライダー"と"医者"と"ヒーロー"の三位一体的にしたいのかな、という風に見受けられるのですが、
やりたい方向性はなんとなく見えるのですが、どうも「医者として出来る事」をやり切らない内に「ライダーで強行突破」している感があって、もう少し前者の工夫が入ると良いなぁと思う所です。
 >白衣を着たままの元医者である大我に対して、少年はいまだ恐怖の対象のまま?なのが気になります。
大我に関しては、医者が怖いというより、あの人迫ってきたら怖いよな、と思ってしまいます(笑)
 >今回、大我は終始、廃人ゲーマー気質のブラックジャックもどきでしたし。
大我も、年長視聴者はあの見た目と無免許医の肩書きで立ち位置をだいたい妄想できてしまうのですけど、劇中の実際の描写は凄く弱いので、本当はキャラ立ち上げは2話無いと厳しいのだろうなーと(^^; あの人、元CR所属という説明が無いと、ただの強面の不審者というか(笑)
 >個人的には、大我登場はもう少し後にして、じっくり世界観を詰めていって欲しかったかなぁという気持ちです。
どうにも販促の都合が消化できなくて、全てが振り回されている感じですよねー(^^;
◆wander_sheepさん
 >下山さん脚本の32話ラスト、タスクが何故か唐突にフられるオチだけは何というか
 >オチをつけるためだけの場面っぽくて、サワオの言動としてはかなり違和感があったので。
あー確かに、あれはギャグの為のギャグになってしまっていた感はありましたね(^^; 冒頭のタスクへの反応は、かなり意識して入れたという可能性はありそうですね。
 >それにしてもセラの複雑な表情をしっかり映していたので、まさかこれは
 >今後心理的な軋轢が生まれる前振りとかじゃないといいなぁ、と感じました。
今作としては珍しく、デスガリアン以外にネガティブな感情を強調して見せていたのは、私もちょっと気になった所です。必ずしも大和のコミュニケーションを全肯定している作品ではないだけに、何かの一ひねりはあるのかもですね。
 >せっかくだから大和捕まえておくか!という風に見えて慄いたのですが
そう言われると、そんな感じが……(笑) 次回、どれぐらいねちねち絡んでくるのか、楽しみ半分、不安半分で。
◆橘まことさん
 >どうやら僕の肉体精神すべてが彼女をヒロインではないものに認定してしまったようです(笑
博士を気持ち悪い気持ち悪いと言っている内に、第二の腐れ外道がこんな形で誕生するとは……。
 >博士の言葉を全面的に信じるなら、未来のフラッシュは今のバリーとは違う性格のようですが、それもこれもアイリスの影響なのでは……?
アイリスと絡むと、ほとんどの人物が駄目になっていきますからね……(^^;
 >黒幕との決別、ヒロインとの急接近が辛く感じるようになるとは、見始めた頃は夢にも思いませんでした(^ ^;
同感です(笑) しかし、正調ヒーロー路線の筈なのに、その文字列だけ見ると、なんだか得体の知れない作品に(笑)
 >博士の計画が「バリーとアイリスを近づけないのが目的で、しかし修正した結果エディーが餌食になりさらなる修正を」
 >というものだったらどうしましょう。正直博士を全面的に応援したくなるのですが(笑
走れ、ウェルズ、走れ!(笑)