はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

革命は僕の心にある

◆ナシナさん
 >今後メカにもパワーアップしたり、改良が入ったりすると思いますので、どう表現するのか楽しみにしたいです。
前作と何か違うネタをやってくれるかどうかは楽しみですね。世界観的には、メガヘラクレス2号という可能性もありますが。
 >第1話第2話の惨状は何だったのかというぐらい、大分リカバリーしてきましたね。
蘭と健吾の話を素直にやって、綺麗にまとめてくれたのは良かったですねー。3人揃って新たなヒーローチームとして、応援したい感じになりましたし。
 >あと、残りの幼馴染2人の変わりように放置気味なのが気がかりです。
話に絡めた割には、凄くどうでも良い扱いで終わりましたね(^^; 皆でホームに見送りに来る、みたいな形に組んでもよかったような気はしたのですが。
 >今のところ、古代魚次男の特色がまだ出し切れていないと思うので、頑張って頂きたいです。
兄者が前後編だったのに、セコい作戦1話で終わってしまいましたし、次男は早めにえぐみを出して欲しいですね。
 >カマキリ剣士フィーチャー回でもあり、恐竜&カマキリの顔出しコンビはいつか人間に擬態するだろうな、と思っていたら
カマキリは目が割とハッキリしているので印象そのままでしたが、兄者は、あの化粧を取るとどんな顔なのか凄く気になります(笑)
 >カマキリがパッと見、真っ直ぐな悪党キャラと思わせておいて、実は堂々とした卑怯者というのは、私もなかなかギャップがあって良かったと思います。
恐竜×カマキリは、戦士のプライドとか押し出してくるタイプかなーと思っていたのですが、割と自覚的に卑怯上等でしたね(笑)
 >アンモナイトは着ぐるみな上に低身長で、大きく動くとなると、中のスーツアクターさんが動きづらそうで、大変そうです。
クレジット見ると、老師と同じ中の方なんですよねー。ホントあれは大変そうです(^^;
 >継承権を持っているのは、恐竜と古代魚兄弟だけで、後から生まれてくる怪人たちは弟(妹)だけど、優遇はされず、ひどい場合だと鉄砲玉扱いなのでしょう。
この怪人誕生プロセスだと、恐竜と魚は元々強力な継承者候補として生まれたのか、鉄砲玉から若頭までのしあがって今の立場になったのか、というのはちょっと気になる所ですねー。
 >以前に仰っていたように、すでに女の次期後継者がいて、良くて婿扱いになる程度かもしれませんね。
終盤、新たな女帝を探せ、みたいな展開になりそうな予感がなんとなく……。
 >絶滅した種が人間や他の生命に対して、滅ぼしに来るという何だか警鐘を鳴らしているようなテーマかもしれませんが、
 >現時点ではただ暴れているだけですね。
それっぽいテーマに見えるけれど実際のところ逆恨みにしかなってないので、今後物語の中で繋げてくるかどうかは、面白そうな部分ですね。
 >大所帯ですね。モチーフや世界観は面白そうだと思いました。
巧く出来ると面白そうだけど、一歩間違えると地雷、みたいな設定ばかりなので、どちらに転がるのか不安と期待が半々です(笑)
◆aaさん
 >小説版の主人公もですが、「諦めたくない」っていう反骨精神の持ち主でしたね
もがいた末に最後、それが現実に向かい合って戦う力になる、というのが良かったですね。
 >サイエンスの人達の行動理由も削られちゃったんでしょうね
成る程、脚本段階では細かく設定してあったけど……という感じだったんですね(^^;
 >大鉄君と爾朗にあってクロードになかったものというと人とのつながりなわけで、
 >差別弾圧人体実験とかなりドライな世界観のわりに要所要所にウェットさがある印象です
並べてみると、ヒーローはどこかで世界と絆が無いとヒーローである事を保てない、というテーゼが仕込まれていた感じですね。そう考えると笑美さんとかジャガーさんは、爾朗が真の「怪獣」にならないように何くれとなく世話を焼いていたのだなぁとしみじみ(^^;
 >愛情がない訳ではないだろうけど、やっぱり死ぬのがメインの理由だった訳で3回くらいわき腹刺されてもおかしくないくらい酷い行為だと思います
まあ爾朗はホント、その辺りは最後まで爾朗でしたね(笑) いきなり全方位に格好良くなれないのは、今作の主人公らしくはありますが。
 >天弓ナイトに起因する超人への複雑な思いが帝告での理想の超人を作る活動につながったと思うと彼女は女爾朗の様な存在ですね。
倫子が爾朗と接触して超人ヘルメットを見せた所がもう一つピンと来ていなかったのですが、なるほど倫子にも倫子の超人幻想があったという点を引っ張っていくと、女爾朗的な立ち位置というのが納得です。
 >最後の最後までラスボスが誰か決まっていなかったらしいので(輝子や笑美のパターンもあったらしい)、
おおぅ、そんな可能性が(^^; それらしい布石も振りまいておかないといけないし、演出の方も色々大変だったのですね……。
 >レッドジャガーに破壊されたものは、タイムパトロールによるレッドジャガーの回収と同時に破壊がなかった事にされてるっぽいので
やっぱりあれはそういう事で良かったんですね(でないとジャガーさん、やりすぎになってしまいますものね)。その辺りの描写も入れきれなくて削られたんですかねー(^^;
 >メガッシンは見た目メタルダーっぽいですし、二人をベースにメタルヒーローが生まれたり…ゆくゆくは紫のアイツとかも。
まずはMX−A1から(笑)