はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

Kは昆虫のK

◆インザファイトさん
 >どうして特撮番組は、こうも参謀タイプのキャラに不遇な扱いばかりするんでしょうか^^;
た、琢磨は参謀タイプなのでしょうか?!(笑) まあポエムとかたしなんで、インテリ系のキャラ付け……だった事がだいぶ忘却の彼方ですね(笑)
 >日本で集団行動をする時は常に体育会系、つまりは筋肉、つまりは昆虫魂が物を言うとでも言うのでしょうか・・・(笑)
実際のところ、あまりに判断が理性的すぎると話を転がしにくい、というのはあるのでしょうね(^^;
 >「ビーファイターカブト」と、近年の平成ライダーって対極にある存在のような気がします。
『BFカブト』の前半と後半で極端に作劇が違っているのと、ライダー近作のとりあえず最初にがっと詰め込んでくるのとは、対照的ですよねー。
 >「カブト」は新生ビーファイターの登場までずっと初期の玩具しか販売してなかったことになるので、
 >玩具の売り上げとか大丈夫だったのかな・・・と思います^^;
その分、前半はやたら強引にネオビートマシンがアピールされていますが、全体としてはどういう販売戦略だったのでしょうね……ちょっと気になる所です。
 >カブトが叫んだらアストラルセイバーが目覚めたのも、ショウの「許さねえ!」に答えるお父さんに通じるものを感じます。
きちっと段取り踏んでいれば逆に、昆虫戦士達の魂がカブテリオスに新たな力を与える! みたいに見せられたとも思うのですが、その辺りが今作、どうにもズレてしまいましたね。
 >浅香氏も前半戦のアイデアストーリーの頃は調子がよかったのに、結局イベント続きになってから失速してしまいましたね。
なんかこう……全体の伏線の扱い方が雑なんですよね浅香さん……。ライジャ、デズル、サソリと絞って、それぞれを比較する事で個性を見せようというのは悪くなかったんですが。
◆さやまきさん
 >目の前で怪獣同士のスゴいバトルが展開してんのに当の主役達(自衛隊幹部含む)はただ棒立ちでメカギドラとかモスラを応援(苦笑)するだけという
ああ成る程、まさにそういう感じですね(^^; カブト神出てくるとクワガーとテントウがそうなるのも凄くアレで……。
 >役に立たなくても別にかまやしないと作り手が思ってたカモ知れない
メダルの戦士はじめ色々それどころではなくて、小山内博士は途中で諦めた感ありますよね……露骨に、どうでもいい台詞しか与えられてないですし(^^;
 >撮影スタッフはほぼそのまま続いてるので結果的に既にやった演出を繰り返してしまったのかなぁと思ってしまいますが…
商業的な成功があったので、『ブレイド』の企画段階で『555−2』的な方向性を期待されてはいたのかな、という雰囲気はちょっとありますよね。ストーリーの方向性は全然違いますが、『ブレイド』前半における本と演出の噛み合ってない感じはその辺りから生じた所もあったのでしょうか。
 >この辺りの草加のやりすぎ感は2人が暴走した結果ぽい(笑)んですが
二人の話し合いが、燃料が更に燃料を呼んで薪をくべるみたいな事になっていたのですね……(笑)
 >何故かこの時期のライダーはサブタイ付けずに放送してたのでその流れでしたけど やっぱり付いてたほうが良いですね
『アギト』以降しばらくのサブタイトル無しってなんだったんでしょうね……そこまで効果的だったとは思えないですし、ドラマの印象としてはつけてくれた方が嬉しかったな、と思います。
 >[草加は誰に殺されたい?]と聞いてきたので
敏樹ーーーーー?!(笑)
◆wander_sheepさん
 >大事な人間が重傷を負ったことにショックを受けているはずなのに、そんな状況ですら利用するのか・・・!と衝撃的でした。
ここ数話の中でも、一番強烈でしたね……草加が戻れない道をばく進している感じなのは、確実に今作の面白さの一つになっているなぁと。
 >しかし「真理を襲ったのは巧」というのは、さすがに無理がありすぎる気がします。
むしろ話が飛びすぎて、本人に理由を聞きたくなる所ですよね……(^^;
 >それとも事ここに至っては、巧と勇治の亀裂を決定的なものとして戦いにまで持ち込ませ、
 >ふたりのどちらかを完全に葬り去ることができれば、という目論見だったのでしょうか・・・
その辺りの草加の真意が見えないのは、物語の構成として惜しい所ですよねー。草加の場合、ほぼ脊髄反射という気はしますし、キャラクターとしてそういう読みの浅さを与えたかったのかもですが。
 >そうでなくとも手編みのセーターなんてアイテムを出すなら、自然と恋愛エピソードに繋がりそうなものなのですが。
胸のイニシャルのKがそのまま健吾にも使えるので、途中で話変えたのでは、というのも脳裏をよぎりました(笑)
 >それにしてもここ数話で顕著ですが、博士は本当に驚くほど何もしてないですよね。
最終盤で帳尻合わせそうな気もしますが、あまりの傍観者ぶりにビックリです……。