はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

途中で消えたバロメーター

◆つるさん
 >道中色々な方向に弾けた今作ですが、最終回も見事に弾けましたねー
前回は割と大人しめだったので、なし崩しでだらっと終わってしまうパターンかと思ったら、ラストけっこう派手にいきましたね(笑)
 >その中でも健太郎と猛が死亡(?)したまま終わったのは今作の変遷と重なるところがあり考えさせられました…
 >正義に友情は不要という、気付いたら序盤と真逆の方向へ着地していたのは偶然ではないのかなーと思います
友情から生まれた正義が、正義そのものに侵食されてやがて内部の人間性が飲み込まれてしまい、友情はそれを乗り越えられない、と見るとかなりドライですよね……。
 >正義のために人間性を捨てるというのは一種の定番ではありますが、その決定権が一貫して本人ではなくコプーにある点が一番ひどいと思いました^^;
ホント終始、主人公達に選択肢が無いんですよね今作……(笑)
 >路線変更自体も比較的うまく行った方でしたしねー(大鉄人17から目を逸らしつつ)
ギリギリになってから大幅にやるのではなく、少しずつ方向性を変えていくというのが、全体としてはあまり違和感なく収まりましたね。