はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

熱き冒険浪漫

◆輝剣さん
 >エイリアンシリーズは会川氏が宝探しをテーマにした小説ということで日笠Pに紹介したそうです。
 >で、その結果プレシャスが「秘宝」から「危険な秘宝」へとなっていったのだとか。
香川先生の話辺りで、伝奇ホラーアクション的要素も入ってきましたが、その辺りもあったのですねー。
 >マギの話を受けた蒼太の「アトランティスの逆バージョン」という台詞があったのですが、齋藤氏のNGに巻き込まれお蔵入りしたそうです。
ああ、関連づけた会話が用意はしてあったのですか。NG、惜しい……。
◆五月サツキさん
 >世界がちょっとやばいことになるかもしれないが、それでも俺はロマンを追い求めるぜ!と今回も絶好調なゴーイングマイウェイチーフでした。
一応、サージェスの正義の元で活動しているけど、個人のロマンはそれを越えてしまう、というのを明確に描いているのがかなり大胆な話ですよねー。どこに肩入れするかで、見終えた後の処理が難しくなる話でありますが(^^;
 >「自分たちの物でも無いくせに返せとは、図々しいなボウケンジャー」のマジレスは、ボウケンジャーのスタンスを端的に表現しているセリフですね(笑)。
凄くこう、一言でわかりやすいボウケンジャー、でしたね(笑)
 >タービンを回しさえすればいいので、変身シーンのバリエーションが多いんですよね。しかもどれもがなかなかに格好いい。
ロボもそうですが、今作はこういうギミック各種の、作品への取り込みが脚本・演出の両面で凄く上手く行ってますよね。會川さんがそういうの好き、というのもあるのでしょうが。
 >2年後に更新されますが、アルティメットダイボウケンは初の2桁合体かつ当時最多だそうで。個人的には今まで見てきた中でも特に好きなロボです。
 >乗っけただけというのもなく、余りパーツもないところがスタイリッシュで。ドーザーとマリンはダンプに収納されていますが……。
おお、この当時だと最多だったのですね。ダイボウケン&ビークルは、メカ感を活かしたギミックもさる事ながら、変形合体の完成度が非常に高いですよね。ベースを同じにしながら、極端な巨大化無しに全体のシルエットを変化させているのも見事で。
 >天然ものの闇の力の使い手というと、愉快な新勢力のことでしょうか、それとも錫杖使いの方でしょうか(笑)。
錫杖使いの人が、凄く気になります!(笑)
 >ゴーオンウイングスの2人は「大」「羊」「羽」の組み合わせで名前が構成されているという小ネタがあるそうです。
おお成る程。兄妹でそんな綺麗な名前の付け方になっていたんですね。