はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

燃えろ火の玉! 燃えろ火の玉!

Beniさん
 >長谷川裕一著「すごい科学で守ります」シリーズにおいて、名乗り背後の爆発は「スーツ起動時のバックファイアではないか」
 >と推測されています。爆発ではげたスーツの色素も混ざるので、色つきになることもあります。
『すごい科学で守ります』はいつか読みたいと思って未だ読んでいないのですが、さすが長谷川裕一……(笑)
 >敵側もバックファイアが危険なことは知っているので、名乗りの邪魔はしないのです!
変身時のエフェクトがバリアになる、というのは近年しばしば見ますが、積極的に殴りに行くスタイル……!
◆スピリットヒューマンさん
 >想像力と四角い穴(笑)
新年早々、なかなか考えさせられました……。
 >名乗りの爆発のギャグは少々やりすぎた感じはありますが、面白かったのでギリギリ許される範囲に収まったかなと思います。
テンポが良かったのと、その後も色々と畳みかけた事で、突っ走りましたね。
 >青汁に関してはこの感想を読むまで全く気づかなかったので危なかった…
本人発案のネタなのか、スタッフにやらされたのか、気になる小芝居でした(笑)
 >どうでもいいですが、東京ドームの屋根をどうやってピンクに塗ったんでしょうか。
……たしかに。なんか変な所で、意外な有能さを発揮してますね、トカゲ兵(笑)
◆五月サツキさん
 >ボウケンの女装を見ていると、ゴーオン男性陣の女装のハマりっぷりに感心してしまう今日この頃です。
約束されたオチ要員(軍兵)も含めて、変なレベルの高さでしたね……個人的に未だに印象深いのは、アバレブルーです(笑)
 >まあチーフは言動がメンタルに左右されるところがあり全員それを理解してそうなので、
 >部下の優しさ心遣い+怪しいグッズへの信心によりチーフを復活させた……ということか。
菜月はともかく、さくらと蒼太は、狙って転がしている感じでしたよね……(笑) まあそれゆえに、純真に帽子を被せにいった菜月の姿が光るというか。
 >嬉しそうに風水トークをした割にそのあとグッズ集めやら解析やらをしないあたり、映士のコミュニケーション能力の限界が見えますね。
ちゃっかり寝そべってましたが、本人的には凄く仲間に貢献した満足感でいっぱいだったのでしょうね……。
 >ところで爆発を応用すれば攻撃できるのではって、もしかしなくてもダイナマン……。
……スーパーダイナマイト!
◆やずみさん
 >「信じる・信じないという行いを、どういったものに結びつけるか」というのが今回のテーマと言えるのかも。
ベクトルの向け方次第で力に変わる、というはまさに、ネガティブの逆を行く、ポジティブ大事な話でしたね。
 >こういった事柄を半年間積み重ねてきたからこそ、このエピソードは成り立つんだという考えられた部分がある
第1話と同じく「命令だ!」が入っているけど、言う方も言われる方もそのニュアンスが少し違うとか、ここまでの積み重ねをきちっと拾ってましたよねー。開運グッズ買いに行った二人は自主的に命令違反しているともいえますし。
 >シリーズ最高レベルのネタとそれを支えるストーリーと、結構な好エピソードだったと思います。
予告から扮装ネタはどうだろうとあまり期待していなかったのですが、チーフと部下の関係性を綺麗にまとめてきて、気持ちの良いエピソードで面白かったです。
◆輝剣さん
 >菜月もつまらなそうな表情でしたね。蒼太が「しょうがないなぁ」という感じで微笑み、さくら姐さんは表情変えず。
子供と大人の温度差でもあるのでしょうが、良くも悪くもいついかなる時も本気という(笑)
 >ターロンへの「返してもらうぞ」も「(俺達に)」という副音声が聞こえてしまいます。
最終的に、“善意の第三者”として羅盤を持ち帰ってますしね……元の持ち主に許可を取った気がしないのが、凄く、ボウケンジャーです。
 >怪人が頭脳派なだけで基本戦略(伝説の竜種復活)はいつも通りというところが味噌ですね(笑)
言われてみれば(笑) けっこう良い所まで行った作戦だったので、陛下の次回作に期待したいです。
 >呪いではなくプレシャスの力なら受け入れられる、と。
「幽霊は駄目だけど怪人の特殊能力なら大丈夫」の変則パターンですよね、これ(笑)
 >映士が作戦会議に積極的に関与したのは実は初めて?
リクライニングチェアで寝ていたので、あれは参加したといえるのでしょーか?!(笑)
 >袋持って畳んでましたよ(汗)
物凄く手持ちぶさたな感じでしたね……(^^; クライマックスでぶちこめる幸運グッズの量に限りがあったのかもですが……。
 >求めていた『宇宙戦隊キュウレンジャー』、ラッキー像はこれだったんですよねぇ、王子様じゃなく。
思わぬところで、期待していた「よっしゃラッキー!」の凝縮を見てしまいました(笑)
◆タイキさん
 >というよりチーフはただの「冒険バカ」なのでその「冒険バカ」であること以外はどうでもいいというか気にならないんでしょうね。
チーフはホント、いつか宇宙レベルの災厄を軽い気持ちで世に解き放ちそうな気がしてなりません……(^^;
 >どちらかといえばやや脳筋気味だった映士がちゃんと知性派の部分もあるというフォローが入ったのは良かったです。
専門分野における強さ、が描かれたのは良かったですね。役割分担要素があると、プロフェッショナルぽくなるというのもありますし。
 >今回開運グッズの絶妙なギャグとしての使われ具合に戦隊史上最も謎の巨大化原理である芋羊羹のセンスを見出しました。
とんでもないものを結びつけて面白さに繋げる、という点では確かに通底するところとのある話でしたねー。
 >これがそう遠くない将来とんでもない方向へ大爆発するので、楽しみに待ちましょう。
……ニュースーパーダイナマイト!!