はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

青い闇は深い

◆やずみさん
 >よく考えれば「相手の女性は愛せても、相手に付きまとう諸々の要素はないがしろ」な凱と
 >「相手の諸々には配慮できるが、相手そのものを愛せているか疑問」な蒼太は真逆とさえ言えるのかも。
女好きで軽薄な装いが共通しつつ、凱の根っこにあるのは「俺を見ろ!」(井上敏樹節ともいえますが)ですが、そういう点で蒼太さんは「本当の僕は見なくていい」であって、凄く対照的な2人かもですね。
 >意外だったのは、シズカが蒼太の心を揺るがすヒロイン役に一切ならなかったこと。
私も、如何にもな敵味方が徐々に……みたいなものかと見せて、双方ともに全く心情に変化が無いまま交戦、というのは驚きました。蒼太のキャラ的には、変にそこでシズカに情を見せるよりも、今回の展開の方がしっくり来ましたが。
 >「あぶない相棒」「ボウケン学校の秘密」でも、少女の涙などの「人が示す強い感情」には心が揺らぐ描写はありましたが、
 >常に本気や本音を示す存在によってドラマを作り出す手腕はさすがです。
蒼太さんは完全に他者の想いに対する感情をシャットダウンしているわけではない(そこが鳥羽さんとの違いでもあり)、というのもしっかり踏まえて、そこを直球で揺らしてくる存在と向かい合わせる、という展開がホント巧かったですね。
 >ラストシーンの絵面はインパクト抜群でしたね……言いたいことはわかるがそこまで突き抜けるか、と。ホントに脚本と演出がノッてましたね。
もう少し爽やかに終わらせても良さそうなところを、凄く突き抜けてきましたよね……(笑)
◆輝剣さん
 >久々の登場がチーフへの「あーん」なズバーン。
チーフが割と本気で「今後の人生どうしよう……」みたいな顔になっていて、言及をためらってしまいました(笑)
 >明らかに嫁志望。
まあ、同姓の女子高生が蒼太を訪ねてやってきたら、「妹」と判断する牧野先生が正しいですよね……!
 >いますなー。動物なら裏切らないとアニマルセラピーに行く人。
蒼太さん基準の「裏切る/裏切らない」は闇が深すぎて……。
 >蒼太はともかく三上氏はドキドキだった模様。
戦隊にしてはかなり今回、密着する芝居も多かったですしねー。
 >この回はシズカが主役と言っても過言ではなく、本当に蒼太主役の回は誰かしら持っていく人が出ます。
ドジっ子シズカの雪辱回でもあるんですよね……シズカはシズカで、みゆにヒロイン力を食われた果てに着ぐるみ巨大化してしまいましたが(笑)
 >それに「フ、強がっているのも今のうちだ」と応じる真墨のチンピラ臭が……これこそが闇の力?(ヤイバ先輩を見つつ)
気がつくと蒼太さんの闇が深すぎて、真墨のハードルが凄く上がっていますね(笑) 大丈夫か真墨、本当の闇の力を見せつける事は出来るのか?!
 >前回のさくら姐さんの件があるのでジャミングしているに1票。
あ、確かにしれっとやってそうですね蒼太……(笑)
 >みゆを抱きしめつつ、舞う布きれも回収する。仕事はきっちりするあたりが蒼太らしいプロフェショナル。
ここ別カットで強調する演出が、仕事は仕事、私事は私事、で今作らしかったですね〜。
◆五月サツキさん
 >太好みの女の子になりたい→制服JKの発想はどこから出てきたのかなあ……。
野良猫として人間社会を観察する内に、人間オスの好みは制服女子高生! という結論に達してしまったのでしょうか……(闇が深い)
 >オフではしょっちゅう女性とデートしてそうですが、彼のプライベートはどうなっているのか。
蒼太さんでのデートは半分ぐらい、情報入手を目的としたスパイ活動のような気がします(^^;
 >ていうか三毛猫って基本的にメスですよね……。メスだとわかっていて手当てした……なんてことではないと祈ります。
そこもまた闇が深そうなので、途中で考えるのをやめました(笑)
 >戦闘シーンのBGMは蒼太のキャラソンですね。全員ではないのですが、この先にもキャラソンが使用される回はあるので、
 >せっかくなら全員分使って欲しかったですね。特に前回。
キャラソンあると知ると、さくらアイドル回にはねじこんで欲しかったですねー。
 >一応女性なのにも関わらずゼロ距離デュアルクラッシャーと容赦なしです。嫌い、というか相容れない?
あくまでミッション優先というプロとしては全くもって正しい判断ですが、蒼太さんはその辺りが際立っていて、かなり個性の強いキャラクターとなりましたね。
 >キュウレンは過去作とは別宇宙らしいので、小太郎は別宇宙における蒼太とみゆの子供……とかいう妄想をしました(笑)。
おお、それはビックリなIFルート……そう考えてみると小太郎、スカイブルーですねー(笑)
 >調べたらみゆ役の秦みずほさん、シンケンやゴーバスにも出演している戦隊ゲストキャラの常連でした。
いったいどんな役をと確認してみたらカレー回のリポーターで、さすがに記憶にありませんでした(^^; もしかしたら何年か、戦隊メンバーのオーディションに参加していたのかもですね。
◆橘まことさん
 >「ゴメンね。ウチで大事なパートナーが待ってるから」と去っていくのか、
 >「これからは外でしか会えないけど、いいかな?」となるのか、どちらなんでしょう?(笑
外では色々遊んだ上で、家に戻ると「僕が本当の事を話せるのは君だけだ、みゆ」みたいな、物凄く駄目なパターンになりそうな(笑) ……まあ、家にみゆが居る事で、蒼太さんの対人関係が少しずつ軟化していく、という明るい未来も、もしかしたらあるかもですね……。
 >(まあ、もともと自宅にはあげないタイプだった気がしますが)
呼ぶとしたらそれはそれで、別の部屋を借りてそうですよね……(闇が深い)
 >なんとなく「これ以降の特撮にも出演していそう」と調べてみたら、『キュウレンジャー』で小太郎の母親だったそうで……!
ゲスト→ゲストですが、これもまた、10年経って母親役、のパターンなんですねー。