はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

本当の敵はどこに居るのか

◆あきさん
 >透真は風評被害が悲惨すぎて劇中で話題にでもなったらと思うといろんな意味で怖いです(汗)。
ザミーゴの被害者は失踪扱いになっているようですが、これ、下手すると透真、婚約者殺害の疑いをかけられかねませんよね(^^;
 >改めて3話を見返すと、パトレン側はルパンレッドの分身が解除された後に駆け付けて、分身じたいは見ていないんですね。
おお、そうでしたか。どこかでこういったトリックに使うの前提の、分身攻撃だったのですね。こうなると、どこかで融合が思わぬトリックに使われるのも期待してしまいますね(笑)
 >ルパン達が今回のことでグッティに対する態度を変に改めないと良いなと思います。特に透真(笑)
今後とも不信の目を向けてきつい言葉をかけてほしいですね(笑)
 >頭脳と神経のフル回転ぶりが42キロのフルマラソンをトップスピードで走り続けるランナーを見るような怖さもあったのでちょっとホッとした部分もあります。
意識的に繋ぎのエピソードを置いて、早めに香村さん以外の脚本家で1本回しておく、というのもタイミング的に良い感じでしたね。その分というか、次回はかなり盛り上げてきてくれそうなので、大変楽しみです。
 >宇都宮Pはサブライターにベテランや戦隊オタクと、新人さんや戦隊経験浅めの人との組合せることが多いですね。
リスクコントロールも兼ねたフォロー枠と、今後も見据えたチャレンジ枠とを用意している感じありますよねー。
 >今回は敢えて本筋に近い回をかなり綿密なプロットを渡して書いてもらったのかなという感じで。香村さんとの違和感もこれまでで一番小さいような気もします。
エピソードの中でやる事、に関してはかなり決められている感じのシナリオでしたね。そういう点ではこの後再起用があるなら、アイデアストーリーを任せる事もあるのか、今回のような用い方になるのかは、気になってくる所です。
 >ルパパトは単発エピソード回のいろんなハードルがかなり高く思えるので
ここがどうしても、今作は不安がありますものね……(^^;
 >今回は新人さんへの配慮もあったのか、警察側は変身せず役者さんの芝居が多めでこちらも経費節減にも一役買ったかなと思いました。
おお全く気付いていませんでした(^^; 変身して活躍する戦隊を一つに絞っておく、というのはぐんと書きやすくなりそうで、色々と計算が見えますね。
◆八手四郎次郎さん
 >強引に説明をつけられないこともないんですが、やはりしっくりこなくて気持ち悪いんですよね...。
透真の経歴に関する変な感じは、情報操作の可能性を窺わせる為の意図的なものではないかな、と思っています。恐らく今回のシナリオ、どういった情報を公開するか、に関してはかなり明確なオーダーが脚本家に出ていると思われるので、連携ミスというよりも狙い通りの可能性の方が高そうかなーと。
 >そして魁利の方はというと、兄に関する情報が殆ど呈示されず、ジムの調査があまりにも杜撰な印象を受けてしまう。
で、魁利の兄のみならず、透真の婚約者は実際どうなったのか、失踪した女子高生の中に初美花の関係者は居たのか、という肝心な要素が全てぼやかされているのは、意図的な仕掛けではないかな、と。……まあ実際のところ、物語上の都合なのも確かなのですが、その都合に劇中で上手く理屈をつけてくれる事を期待したいです。
 >あと、ヒルトップ管理官が「(国際警察戦力部隊には)超法規的権限がある」とぶっちゃけてしまった台詞も正直気にくわなくてですね...。
あれはちょっと、言い過ぎたというか先回りして言い訳しすぎた感はありましたね(^^;
 >「快盗には普通の犯罪者と同様の人権保障がある」という制度的規制もかけておくべきではなかったのかなと思うんですが...。
一応、圭一郎的には逮捕して正体を暴く気があったようなのは、ホッとしました(笑)
 >「警視庁と国連を渡り歩いたマッドサイエンティストが国際警察の委嘱を受けて開発した犯罪撲滅用戦闘ロボット"MX-A2"」
ルパンコレクションを完全破壊せよ! とにかく事務方は未だ一切信用できません(笑)
◆輝剣さん
 >ん? 婚約者に料理仕込まれたんじゃ……学生時代からの付き合いだったのか、彼女も料理人なのか、仕込まれたのは家事全般だったのか?
どうもこの辺り、快盗3人の素性に関して情報操作の気配を感じる(コレクションの力なのか、はたまた上層部が絡んでいるのか……)のですが、透真あの性格で幼なじみカップルとかだったら、それはそれでときめきゲージが急上昇します!(笑)
 >普通の女の子がたった一年で快盗やってるのがおかしいと咲也が言ってるのも道理で、あの着替えた格好自体にも強化機能とかありそうですね。
快盗3人はスーツに強化機能があるのか、はたまたルパンの穴的なところで過酷な修行を受けたのか、快盗デビュー戦の話なんかも描かれたりするかもですね。
 >というかパトレン3人とも搦め手が下手なのに囮捜査は無謀だったんじゃないかというぐらい咲也とつかさの挙動が不審(笑)
気合いを入れてから芝居を始めるつかさ、はちょっと面白かったです(笑)
 >レス返しでも話題になっていたジム・カーター=事務方ですが今回は敵方でテキ・カーターなのは芸が細かいのかアドリブなのか(笑)
ほ、本名……?(おぃ) 今気付きましたが、ネーミングセンスがまんまギャングラーなんですよね……。
 >伊藤氏、もうちょっと温水氏に寄せてあげても(笑) 今回は皆さんギャグ寄りの極端な演技多めですね。
圭一郎は極端に振るとホント極端になってしまうので、バランスがちょっと難しいキャラだなーと改めて。ここ数話、何かと格好良すぎた、というのもありますが。
 >元ネタの元ネタの最新作が30分前の隣さんで、平山氏を怒らせた元ネタを流していた番組も幕を閉じた翌月ですから東映も寛容になったんですかね。
割と、それアリなんだ……みたいなネタでしたね(^^; 杉原監督の路線だとすると、変なところでやり過ぎないと良いのですが。
 >楽しみながらの余裕の振る舞いとはいえ一人相手なので、複数のヒーローを圧倒したデストラほどではないのではないかという見方もできますしね
メインの武闘派はデストラとしつつ、きちっとこの辺りでゴーシュの戦闘力も見せてくれて良かったですね。
 >ザミーゴと手を組んだらあれこれと悪辣にやってくれそうですよね(邪笑)
ザミーゴがフリーハンドな実力派だとすると、上層部の誰に手を貸すかで勢力争いに変化が起きそうなのも、面白そうな要素ですねー。