はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

一番迷走しているのはエボルト説

◆つがなさん
 >だからこそライモンに失敗は絶対許されない。これで人間界を制圧出来れば良いが、もししくじればトゲーノの時以上にボスがブチ切れることは明白。
この辺り、ボスの怖さを示しておいた事で、ギリギリの一線の所で緊張感が存在しているのは効いてますね。ライオンの末路は楽しみな所です。
 >「あんだけ大見得切っておきながら、快盗の一人も始末出来なかったのかよ。寒っ」とザミーゴ辺りに消されるのではと予想しています。
後半戦に向けて、ライオンがザミーゴの踏み台になる、というのはありそうですねー。ホントそろそろザミーゴ、出てきてほしいですし。
 >ノエルは「真意ははっきりしないが嘘をついて他人を丸め込んだりはしない」という方向性で固めていくようですね。確かにそのほうが好感が持てる。
信用しきれないキャラにどう好感を持たせるか、という点では非常にバランスいいですね。こういうキャラ造形はやはり上手いなと。
 >少なくとも「プロ意識」という部分ではノエルの言動に偽りは無いと判断したのではないかと思っています。
プロとしての共感、というのはありそうですよね。「人間」として信じたのではなく、「職業人としての誇り」を信じた、というか。そこで自分を基準にしてしまうのは、透真の中に残った甘さなのかなと。
 >今回の件で「ルパンレンジャーにギャングラーと張り合えるくらいの料理人がいる」という情報が圭一郎に渡ってしまった、という可能性も?そういう部分かなり鋭いですし。
ノエルが出てきてちょっとわからなくなりましたが、こういった情報の蓄積から圭一郎(警察戦隊)が快盗の正体に辿り着く、というのは見たい展開です。
◆さかもと。さん
 >ツインブレイカー両手持ちってのはなんとかならなかったのかな…グリスリペイントして3羽烏の能力使えるようになりましたとかで良かったんじゃないのかな…
予算の都合もあるにしろ、如何にもありもので誤魔化している感も、ちょっと盛り上がりに欠けてしまってますよね。そういう形で、三羽烏に改めて物語の中で意味を与えてくれると、また印象変わったと思うのですが。
 >あとドラコンゼリーってスタークに燃やされてマグマボトルになったはずだけどなんか普通に復活してましたね…
正直、その辺りのアイテムの出し入れはもう、把握を諦めました……(笑)
◆鷹Deさん
 >幻徳のシャツだっさいみたいなのはあっていいんですけど露骨なギャグとかするキャラではなかったですし「待たせたね」はやり過ぎやないですか?と
本人が格好いいと思っている服のセンスがおかしいのと、それを俺格好いいだろ?と見せつけてくる、のとはキャラとしての意味が違ってきてしまいますものねー。
 >あと、今までは逃げられるのも納得がいくし、逃げ切れるのも納得がいきましたが、テクテク歩いて逃げてるのは流石に捕まえませんかねと思いました。
普通にブラックホールワープとかで良かったと思うのですが、フェーズ1での登場といい、なんだったんですかね……。
 >エボルトを演じられた前川さんが名俳優すぎて全く模倣に見えないというのはなかなか珍しいタイプのミスマッチですね。
今更あれ全部、愉しいフリでした、と言われても、ちょっと納得しがたいところがあるという……(笑) 今作の長所としてキャストの良さというのはありますが、それが裏返ってしまったのは皮肉ですね。
 >父親の遺品に関しては葛城の母親を演じられた古村比呂さんがガンを再発されたとのことで予定が変更されたのではないかと思います
ああ、そういう事情だったのですか。記憶を取り戻した戦兎と母の再会が無かったのは残念だと思っていたのですが、それではやむを得ないですね……。
◆tugさん
 >今更気付いたんですが、序盤の「何故か万丈はベストマッチがわかる」って設定はエボルト絡みの伏線だったんですね。
ああ成る程! 万丈絡みは物語の主軸という事もあって、割とあちこち、仕込んであったんですね。
◆ネオーンさん
 >唐突すぎるんですよね。ノリノリで師匠ごっこしたりしてましたしw
スターク(エボルト)って、本気で師匠ごっこを楽しみつつ、でも不要な人間は虫のように踏みつぶせる所が魅力だったと思うんですよねー。個人的にはその路線を、堅持してほしかったなと。
 >何故かエボルトもそれらを集めることが目的になっちゃっていますし。お陰でパンドラタワーがすっかり置物状態w
タワーの勢い感は割と好きだったんですけど、このままだと完全勝利してしまうのでラスボスが目的変更の言い訳を始める、という割とわけのわからない事になってますよね(笑)
◆匿名さん
 >ビルド助監督が「最近は脚本が当日あがりだから現場が大変」という趣旨の発言をしたのが話題です。
 >今作も前作エグゼイドも脚本は一人が全話担当しましたが、前作の高橋悠也は速筆のため、こんなことは無かったようで。
そんな状況になっているのですか。プロデューサーのこだわり?みたいな感がありますが、今作に関しては、適宜サブライターを入れて、メイン一人にこだわらずに進めた方が良かった感が強いですよね。
◆wander_sheepさん
 >デンジマンは個人的にもおススメの戦隊です!
80年代初頭作品は後回しにしていましたが、3回目の配信があれば、次は見てみたいです。曽田戦隊の源流としても面白そうですね。
 >元刑事の緑川は正統派二枚目で(その上ちょっとしたラブコメ的要素まであり)もしかするとお好きなのではないかと思います(笑)
それは好物そうな設定です(笑)
 >公式サイトにて「幻徳が次回ついに私服で」「果たしてどんな私服を披露するのか?」などとと熱心な前振りがあったので
 >公式をチェックしているリアルタイム視聴者は同じような状態でしたよ(笑)
そんな事になっていたのですか(笑) 私も放映中は、公式サイトはあまり覗かないのですが、東映の公式は担当者によって時折、あまりに手前味噌すぎたり、視聴者を盛り上げる筈が書き手だけが盛り上がってしまう、みたいな事が起きますよね……。
 >そしてプレバンにて毎週発売される幻徳Tシャツまでがお約束です・・・。
あー、あー、あー……(遠い目)