はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

連載企画:ジョッキー同期の桜・その6


平成3年度卒業 第7期生
 河北通−、郷原洋司△、四位洋文○、土谷智紀−、徳吉孝士△、橋本広喜○、日吉正和−、藤田伸二○、宝来城多郎○、水野貴広△、安田康彦
関西当たり年。
四位洋文は、割と好きです。同時に、どういう位置づけで捉えて良いのか微妙に悩むジョッキー。
上に豊が居るからかもしれませんが、超一流、というほどがんがん乗ってがんがん勝っているイメージもなく。かといって決して下手なわけでなく。しかしその癖、たまに福永や池添に勝ち星抜かれていたりもし。重賞で目立つかも微妙。けどG1数乗ってるし、仕事もきっちりしてくる。
なんというかイメージ的には、関西の中間管理職、というか(笑)
上は武豊藤田伸二、更には安藤勝己に押さえられ、下からは若手(福永、池添、幸四郎、など)に突き上げられ(^^; ……ミッキー?(おぃ) ミッキーはしかし、何となく今の位置で落ち着いてしまっているイメージ有るんで、その点、まだまだこれからとおぼしき四位は落ち着いてはいけないだろうとは思うわけなのですが。
でも調べたら、豊が出張がちだった2001年にはきっちり関西リーディング取っているのですね。
藤田は巧いなー勝つなー、と思う騎手ですが、特に思い入れは無し。しかし、既に重賞勝ち60は驚きました。
応援しているのはどっちかというと四位。
安田康彦も40ぐらいだと思ってましたよ…………(^^; というか多分、混同しているのでないかと思うんですが、安田って苗字のベテラン騎手がいませんでしたっけ??
そして最近になってようやく気付いたのですが、99年秋華賞ブゼンキャンドル騎乗
……貴方か、貴方だったのか! 私にトラウマを植え付けたのは!!!(笑)
きっと因縁のある騎手だと思いたい。
橋本騎手は、失礼ながら、完全に顔です。絶対に、顔で覚えました。
宝来騎手は、こちらは完全に名前。二人とも確か、昨季末で引退でしたか。
徳吉騎手は調べた限りでは、さっぱりわからず。名前が印象深かった可能性が高し。水野騎手も何でだろうなぁ……またステイゴールド絡みかと思えばそうでもないようで、こちらは何となく目に留まった可能性が高そう(^^; 2000年、2001年ぐらいが一番真剣に馬柱を見ていた頃なので、そのころ何か、勝負したレースで乗っていたという可能性か。
郷原洋司は確か、父親が有名ジョッキーなんですよね……と思って調べてみました。
剛腕・郷原洋行騎手(現調教師)。調べていたら、ニッポーテイオーなる馬に突き当たり、最近話題のあの馬の父親という事も知りました。はー、父親は凄い馬だったんですねぇ……て今更こんな事を書いている辺りが素人丸出しではありますが(^^;
こういうのがやっぱり、競馬の楽しみの一つだと思いたいものです。