はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

秋の大攻勢に今から脅える

最近、アニメといえば「=仕事」って感じで、見るわけでは無いのに必要に迫られて情報だけチェックしている(コミック原作のみ)という感じなんですが、なんだか秋の新番組は凄いです。
とりあえず記憶しているだけで、『BLEACH』(少年ジャンプ)『SCHOOL RUNBLE』(少年マガジン)『ジパング』(モーニング)『ああっ女神様』『げんしけん』(共にアフタヌーン)『tactics』(BLADE)とか色々、なんですが。
比較的コミックスの実売がいっている作品の名前が多いんですよねー。いや、本来そうあってほしいですし、コミックス拡販になってこそ有り難いわけなんですが(この辺りが、既に仕事とてしか見ていない人の駄目な所)。
これでアニメの出来が良いと、秋口は恐ろしいなぁ(いい事ですが)。
あと、『冒険王ビイト』(月刊少年ジャンプ)『ジンキエクステンド』(BLADE)辺りもアニメ化の企画進行中らしいですが、『ジンキ〜』はともかく、『ビイト』はうまく当たれば、かなり人気を獲得しそう。現状でもかなりコミックス売れているというのもありますが、文庫版『ダイの大冒険』が去年かなり売れており、そういう部分含めて、あのコンビ自体が少し上の世代へのアピール力をまだまだ残しているようなので。
あとジャンプアニメは、大抵時間帯が良いというのもありますが、出来不出来に関わらず浸透力が強いので『BLEACH』は爆発しそう。
マンガが好きな身としては、アニメにはあまり期待していませんが。とりあえず、アニメ向きじゃない構成ですしねぇ……ソウル・ソサエティ入れば別ですが、1エピソードが2〜3話ぐらいでまとめる事になりそうな長さ、て一番アニメに向かないですし。うまく連続感を出して一気に持っていける監督なら別ですけど、そういうアレンジ出来る人材もなかなか居ないですからね。
それはさておき、とりあえず何でもいいからアミノテツロ、仕事しないかなぁ……。
ああそうそう、『ボボボーボボボ』(題名適当)は止まりました。