はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

気が付けば武豊

そういえば今年は福永くんもだいぶ重賞勝っているよなぁ、重賞勝ち数だけなら豊に対抗できるかしらんと思って改めて確認してみたら先週時点で14勝でした。
武豊を見てみました…………21勝でした。……1.5倍も勝ってますよこの人は。
で、この21勝というのは実はけっこう凄い数字なのでは? と気になったので過去の記録を遡ってみたのですが、やはりどうも調べた限りでは、年間22勝、というのが年間重賞勝利記録(1997年/武豊)みたいです。
ディープインパクトの3冠とか福永祐一の暴れっぷりとかもあわせて、今年はもはや目立ったニュースソースでなかなか扱ってもらえない武豊ですが(多分、本人は気にしているに違いない)、下手をすると、年間勝利数・年間重賞勝利数・年間G1勝利数の3つを一気に更新しそうな勢いですよ(^^;
勝ち星があと13、重賞があと2つ、G1があと1つ。
勝ち星はもはやほぼ記録更新と見て構わないかと思うのですが、残り二つのカギはやはり、アルーリングボイスか。
ちなみに数えたら、豊と福永二人合わせて、今年これまでのJRA平地重賞のちょうど三分の一を勝っていました。〔35/105〕