はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

今日は川田と津村の日

津村は11番人気(40.9倍)の馬で、結果5着に残る、見事な逃げ&本日1勝。
川田は会心の騎乗で、菊制覇含めて、本日3勝。
しかし、2−4着の騎手はたぶん全員、
もう少し前に居れば……!
と思っているんだろうなぁ(笑)
それにしても川田は、これで重賞18勝目、うちG1が2勝で、その2つが、皐月賞菊花賞、という、超高効率の牡馬クラシックハンターぶり。再来年のダービーは、川田狙いだ(笑)
で、今年も牡馬クラシックに縁の無かった福永ですが、土日4勝で90勝に乗せ、このペースが続けば、栗東どころか、全国リーディングも夢でない位置まで来ました。

  1. 横山典弘 113−64
  2. 蛯名正義 95−66
  3. 松岡正海 91−88
  4. 福永祐一 90−85
  5. 内田博幸 90−83

怪我が無ければノリさんぶっちぎり、或いはこのままでも逃げ切りさえあるかという状況でしたが、上位騎手の好調が続いており、残り約2ヶ月でおよそ20勝強、と、それぞれ逆転が見えてきました。まさかの松岡、さえありうる。特に3−5着につけている騎手は揃って2着がやたらに多いので、競り合うと有利。
まあ今年はノリさん、そうでないなら蛯名に獲ってほしいかなーと、個人的には思うけど。
福永はとりあえず、栗東リーディングを史上命題に、残り2ヶ月、このチャンスをものにしてほしい。