はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

読書メモ

今読んでいる、『ホラーSF傑作選 影が行く』(東京創元社)が、なかなか粒ぞろいで、良質の短編集。
表題作は、映画『遊星より(から)の物体X』の原作として著名であり、SF史にその名を刻む大編集者ジョン・W・キャンベル・ジュニアの代表的な中編。
詳しくはまた書きますが、この他にも錚々たる顔ぶれが並んでおり、お買い得の1冊。
で、次は、べスターに行こうと思う、アルフレッド・ベスター
いい加減、ベスター読もう。
蔵書調べたら、『虎よ、虎よ!』も『分解された男』もあったし(^^;
ベスターは特別好きではないのですが、あちこちのアンソロジーで読むと、んーそう来るか、と思わされる事が多い作家の一人。似たポジションに、デーモン・ナイト。