はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『秘密戦隊ゴレンジャー』感想10

先週分。
第21話「青い驚異!古代アトランティスから来た怪飛行船」
第22話「黄色い空襲!アトランティスの悪夢」
アフリカの星・日輪仮面の後任は、ゴビ砂漠からやってきた鉄人仮面テムジン将軍。いきなりアトランティス大陸の話を始め、「おとぎ話など聞きたくない!」と黒十字軍総統に怒られる。しかし彼は、古代アトランティス帝国を一夜にして滅ぼしたという、悪魔の飛行船アトランティス号の存在を証明する、古地図の半分を手にしていた。アトランティス号を手に入れるべく、古地図のもう半分を持ち、日本で発掘調査中の考古学者を狙う黒十字軍の砲丸仮面。
新登場の幹部格、鉄人仮面は、前回用意された将軍の椅子に座っているシーンが多いのが、いい感じ。
子供を人質にされ、いやいやながら黒十字軍に協力する羽目になった博士は遂に飛行船の眠る場所を発見。そこで砲丸仮面に始末されそうになるが、ゴレンジャーに助けられる。
強力な砲撃能力を持つ砲丸仮面は、アオの前転アロー攻撃で、首にぶすっと矢を刺された上に、ゴレンジャーストームで爆死。歴代怪人の中でもかなり惨かった。
敵怪人を倒した後も、秘密の扉を開いて飛行船の元へと話が続くのでどうするのかと思ったら、何故か黒十字軍が先回りしていて、飛行船を奪われるという衝撃展開。
まさかの続きネタ。
発進した飛行船を追いかけ、何故か単独特攻するキ
誰か止めろ
せめて追いかけろ
飛行船に乗り込んだ鉄人仮面とその部下、歯車仮面は、途中で捕まえた子供達を檻に入れて飛行船からぶら下げて人質とし、バリブルーンを攻撃してアオに重傷を負わせるなど、絶好調。
解き放たれた悪魔の飛行船の説明の為、自分で描いたと思われるイラストを配りながら説明する前回登場の考古学者。
古代アトランティスの王は、敵国との戦争に敗れた際、敵国に占領されるよりは、と火山に飛行船から水爆を落とす事で、自分の国を滅亡させたという……うん、なんか、飛行船がどうでも良くなったような?
飛行船を奪った黒十字軍は、火山帯に水爆を落とす事で、日本を沈没させようとしているのかもしれない。
博士、何故かいい笑顔を浮かべながら、「これはあくまで推測です。私の思い過ごしかもしれませんねぇ」。
いやそこ、笑う所じゃないから。
水爆を無効にしてやるばい、と手仕事を始めたキは、自ら作り上げたその秘密兵器を持って飛行船への潜入を試みるが、捕まってしまう。飛行船内部で、水爆を探すキだったが、見つからない。
その時、部下に持ってこさせた水爆装置を、自分の体に取り付ける歯車仮面。
「水爆は歯車仮面だったのか!」
待て
お願いだから待ってくれ
指の先でつまめる程の小さな部品で水爆になれる歯車仮面は何者なのか、というか歯車仮面は自爆玉砕する気満々なのか、そしてもう飛行船から水爆落とすというコンセプトに意味がない!
飛行船から水爆落としてどかん、のアトランティス計画、という名称にこだわっているだけにしか見えません(笑)
戦闘の末、飛行船からもつれ合って落ちるキと水爆もとい歯車仮面。このままでは地上に叩きつけられた所で歯車仮面が大爆発する、という所でキが取り出したのが秘密兵器、「磁力コントローラー!」。2回確認したので、たぶん「磁力」で聞き間違えてないと思うのですが、どう見ても反重力を制御しているので、もしかしたら「重力コントローラー」かもしれない。
コントローラーの効果により、地上への激突を避け、無事に着地するキと歯車仮面。
しかしキはどうやってこれで、水爆を無効化しようとしていたのだろう…………。
歯車仮面の水爆装置を取り外し、最後はゴレンジャーストーム! 危機は脱し子供達も助けたものの、飛行船アトランティス号は空の彼方へ逃げていく……まだ続けるのか、このネタ。