はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

いつ見ても『ダイナマン』の火薬量はどこかおかしい

◆橘まことさん
 >本部長は中の人(NOTスーツアクター)たっての要望で退場することになったらしいので、
おお、なるほど。なんかそれ聞くと、色々とわかる気がします。
ということは多分、元同僚に追われて無様に逃げ回る所とか、見ていてちょっとどうなのかというのとは裏腹に、役者さんはむしろノリノリだったんでしょうね(笑)
 >よくよく考えると小林靖子さんの作品って、最後に仲間が別れていたり戦う力を失っていたりすることが多いですね。
井上敏樹ほど最重要主題ではないですが、小林さんも「ヒーローとは何か?」というのを積極的に盛り込んでくるのでその辺りですかねー。
タイムはその点、強く押し出しはしなかったものの、ヒーローを終えた主人公が、自分の背負うものに逃げずに向き合っていく事を選ぶ、という形で綺麗にまとめてさすがだなぁと。
 >リアルタイムでタイムレンジャーが放送されていたころ、初めてスカイシアターの「素顔の戦士たち」を観に行きました。
……ああ、友人に同じ事をしたものが(笑)
友人は無事に中に入れて、ユウリさんと再接近遭遇したとか。
Beniさん
 >今にして思えば、タックは『ブイレックスのパイロットが死亡した』とは言っていますが、
 >タイムファイヤーとも滝沢直人とも言ってないんですよね。
おお、そういえば、そうですね。
細かい所でテクニックを凝らし、大風呂敷も綺麗に畳む、実に見応えのある作品でした。
 >過去に飛んだタイムジェットが、ゴレンジャーの上空を舞うという素敵な映像が見られます。
見ました(笑) 思わぬイカれ映像になっていましたね(笑)