はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ロジユニヴァースが出走を目指す札幌記念

横山典弘の息子、横山和生、重賞初騎乗。


“父と重賞で対決”。騒ぎ立てる周囲とは対照的に、当人に特別な意識はない。「普段、一緒にレースをしている。それが重賞になったというくらいで。ただ(父が)ダービー馬(ロジユニヴァース)でどういうレースをするのか見たい」。
〔【札幌記念】横山和、いざ腕試し/デイリースポーツ〕
父、後方ままで回ってくるだけじゃないか、という気はするんですが……
そもそも、ゲート開くまで、油断はできない。
〔【札幌記念】シャドウ さすがの存在感!併せて首差先着/スポニチアネックス〕
そして福永祐一ダークシャドウに乗りに一時帰国。
結局、アメリカでは数乗れてないみたいだしなぁ……環境を変える刺激というのあるでしょうが、数乗ってなんぼ、という面はあるかと思うので、果たしてこの米国遠征、糧となったか否か。まあ、本当の成果が見えてくるのが、もうちょっと先でしょうが。騎乗数もですが、レースの頭数が少ないのが気になる。帰国してすぐ、多頭数、さばけるのか……?(^^;
そして日曜の騎乗依頼は、8鞍。
さすがにそれなりに集まったか。