はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

博士の異常な愛情

◆divoさん
 >正直「ああ、間違いなく師弟だなあ」とw
そもそも二人とも狂っているので、善良とか正気とか、よくわかってない、という(笑) 間に挟まれた鳴海博士は、間違いなく人生の被害者。
 >ジャンパーソンの認識では「ロボットを悪事に利用するネオギルドがメイン敵、科学者がやたらと最前線に出張ってくる敵はSSN、
 >そのどっちとも毛色が違う敵はもうひとつの組織」ぐらいの認識かもしれませんね。
たまにちょっかいかけてくる連中、的な(笑)
帯刀さんはここまで結局、自分と秘書しか居なくて、実質的には組織として描かれていないですものねぇ。多分「金の力」=「帯刀の組織力」みたいに描きたかったのでしょうが、そこが今ひとつ描けてないというか、微妙にセーラさんのせい。
◆kanataさん
 >デミタスから隠密性と修理装置を取っ払ったような存在なので、本当にマスコット以外の役割一つも見いだせず……。
劇中で一回しか使われなかった謎のメダル、みたいなものでないちゃんとしたギミックが出てくる事を、そこはかとなく期待しています(笑)
開発者の性格を考えれば、停戦監視用メカに武装をつけていてもおかしくはない……!
 >そして悪の女教師さんはここ最近、自分の立場を忘れているのか、表舞台に出張り過ぎてて心配です。
サングラスかけたり、物陰になんとなく隠れていたり、地味に演出が面白かったんですけどねー(笑)
 >……改造後の帯刀も分類としては人間のような気がするのですけど、JPさんは以前、冷凍人間だって屠ってますしね。
モドキの時みたいに、その辺り踏み込むと終盤でまた面白い要素になるかなぁとも思うのですが、勢いで濁してしまいそうな気もします(^^;