はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

デカブレイクの明日は見えない

◆kanataさん
 >普段なら「アリエナイザー」というモンスター扱いすることで誤魔化してるのが、今回は完全に「人間としての小悪党」になってしまっている。
 >モンスターでも大悪党でもない「人物」を圧倒的暴力でやっつけるのだから、どうしても妙な後味の悪さを残してしまいます。
そこですよねー。「重犯罪異星人」=「アリエナイザーという怪人」だから、デリートOK、という、視聴者と作品の間の約束事を中途半端に揺さぶってしまったせいで、話として据わりが悪い。で、結果として無駄に宇宙警察が残虐に見えてしまうという(^^;
 >てか本気で死亡確信してたらデカブレイクを運び屋役にするなって話でもあったはずで、センちゃんの言動すごい支離滅裂なんですけど(汗)
……凄く、邪魔だったんでしょうね、ブレイク(ぼそっ)
 >「絶対に許さない」なら、すぐにスワット発動しましょうよ(もしかして五人揃ってないと装着できない?)。
多分あれ、発動する度に事細かく報告書あげて上層部の審査が入って、「この事件でスワットモード発動する必要があったのか」とかで、査定に響くのではないかと(笑)