はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

桜が舞って

〔桜花賞】(阪神)〜ハープスターが直線ゴボウ抜きで桜の女王に輝く/競馬実況WEB〕
〔【桜花賞】戦い終えて/スポニチアネックス〕
この先G1で勝負になるかはともかく、思ったより走ったのは、ホウライアキコとレーヴデトワールか。レーヴデトワールは逃げ馬をスムーズにかわせれば、3着争いまでは、あったかも。
ホウライアキコはずるずると早熟馬の扱いになるかと思いましたが、ここで盛り返したので、レース次第で、まだ面白そうです。
道中、最後方ハープスターの少し前、という位置だったベルカントは、距離が長いかも、というコメントかぁ。
横山和生


「自分のやるだけのことはやりました」
は、まさにその通りで、仕事を果たしたレースとなりました。
〔井上敏樹騎手 JRA初勝利/競馬実況WEB〕
今年デビューの新人、井上敏樹が初勝利。
全くもってただの同姓同名なのですが、どうしても気になる名前です(笑) ※特撮界隈では著名な脚本家と同姓同名
〔石橋守調教師 JRA初勝利/〃〕
石橋さんも、調教師として初勝利。
騎手も含めて、メイショウ繋がり。
〔メイショウマンボ次走変更、ヴィクトリアM目指す/スポニチアネックス〕
一方マンボは、匂わせていた春天参戦から、ヴィクトリアマイルへ路線変更。まあ、大阪杯のレースの後だと、3200走らせる気になれなくても仕方ない、か。
〔【阪神牝馬S(GII)】(阪神)〜スマートレイアーが最後方一気で人気に応える/競馬実況WEB〕
そのマンボと激突する事になりそうなのが、出遅れから後方一気で脅威の勝利を見せた、去年の秋華賞2着馬スマートレイアー
2着には内を突いて良く伸びたウリウリ、3着には復調気配のローブティサージュと、阪神牝馬Sは4歳馬のワンツースリー。
これにドバイ帰りのデニムアンドルビーも参戦予定という事で、昨年メイショウマンボの後塵を拝した4歳勢だけでもヴィクトリアマイルはかなり面白そうなメンバーとなりそうです。
長期休養から復帰後、2戦連続二桁着順だけど、アユサンはどうするのかなぁ……。