はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

父と子とライダー

◆西家さん
 >何だか『蜘蛛の糸』みたいな話でしたね。
バブルに踊った人々の生臭さと、ファンガイア的純粋観による説話的展開の組み合わせが構成の妙だったのでしょうが、ちょっとピントが合わなかったかなぁと(^^;
 >どこかそういう存在を信じられないのか、もしくは興味が無いのか個人的にちょっと気になる所です。
特にどんな関係だったのかは知らないのですが、父親(伊上勝)と同じ業界に入って、父親が関わったタイトルの後継作品を書いて、そこで“親子”が軸の物語をやる、というのは、どういった影響があって、どういった思いがあるのだろうなぁ……とは、外野としてはつい考えてしまう所です。